『KOF』『メタルスラッグ』の「SNK」の株式33.3%をサウジアラビアの「ミスク財団」が取得。今後は51%まで取得する予定

 サウジアラビア王太子であるムハンマド・ビン・サルマーン氏が設立した慈善団体ミスク財団は、8億1300万サウジリヤル(約227億6400万円)でSNKの株式33.3%を取得したことを公式サイトにて発表した。将来的にさらに17.7%の株式を取得し、全体で51%の株式を取得する予定であることもあわせて発表されている。

 このニュースはSNKが上場している韓国のメディアBloterなどが報じ注目を集めていたもので、日本でも「SNKがサウジアラビアの企業によって買収された」として話題となっている。実際には現時点で買収されたという事実はなく、株式の取得のみが公表されている。また、SNK側は記事執筆時点で同件については触れていない。

(画像はミスク財団公式ページより)

 サウジアラビアのミスク財団は、同国の若者たちのためにイノベーションと創造性を生み出す非営利組織として2011年にサルマーン氏が設立された。2018年に同財団は日本で、アニメ・ゲームの作画や制作、金融ビジネスなど日本企業でインターンシップ研修を実施している(参考リンク)。

 そのインターシップ研修における日本企業の受け入れ先はスクウェア・エニックスやSNKも含まれており、今回の株式取得の発表ではこのころのSNKとのつながりについても触れられている。このほか、東京大学との協力連携の覚書に調印するなど、ミスク財団は産学でも日本とのつながりがある(参考リンク)。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ