『フォートナイト』に8歳のプロゲーマー誕生。公式試合にはまだ出られないが、”若いゲーマーは未来を担う”とeスポーツチームTeam 33が340万円の契約金と50万円の機材で契約

 eスポーツチーム「Team 33」は、8歳の『フォートナイト』プレイヤー ジョセフ・ディーン氏と正式にプロゲーマーとして契約を結んだことを発表した。海外メディアロイターなどが報じている
 6歳の時からチームで練習に励んでいるというディーン氏は、5000ドル(約52万円)分のゲーム機材一式と3万3000ドル(約340万円)の契約金でプロとして活動することになる。

 Epic Gamesは『フォートナイト』の大会出場を13歳以上と定めているため、ゲームを遊ぶこと自体は問題ない。大会出場可能な年齢まで、もうしばらくプロとしてチーム内部で腕を磨くことになるだろう。

(画像は8-Year-Old Gamer Joseph Deen Signs To Professional Esports Team For $33,000より)
(画像は『フォートナイト』公式サイトより)

 Team 33共同創設者のタイラー・ギャラガー氏は、「若いゲーマーは未来を担う存在なので、早い段階からトレーニングを開始したいと考えていました。ここ数年は彼を鍛えることに重点を置いています」と、この未来への投資について語っている。ディーン氏はこの2年間の訓練に信じられないほどの粘り強さを発揮し、めでたく本契約となった。

 ゲームでは「33 Gosu」としてプレイしているディーン氏は「夢が叶いました!」とコメントを寄せている。
 多くのチームがすぐに公式戦に出場できない13歳未満のプレイヤーと契約に難色を示した中、Team 33は『フォートナイト』を通じてプロとして契約を結び、トレーニングを受けさせてくれることを喜んでいるという。

 前述のとおり『フォートナイト』は13歳未満の公式大会出場を許していない。そのため、あと5年ほどはチーム内でトレーニングを重ねることになる。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ