2020年のYouTubeゲーム系動画、『マインクラフト』が1位を達成し「2010億ビュー」を記録。プラットフォーム全体では記録的な成長を遂げ総視聴時間1000億時間を超える

 YouTube Gamingは、2020年のゲーム系動画についての統計データを公式ブログで発表した。

 それによると、ゲーム系動画の総再生時間は1000億時間(約1141万年分)、アクティブなゲーム系チャンネルは4000万チャンネル以上にのぼったという。登録者数10万人超え8万チャンネル、登録者数500万人超え1000チャンネル、1000万人を超えたのはなんと350チャンネルと、過去最大となった。

 視聴されたゲーム別に見ると、1位となった『マインクラフト』の圧倒的な視聴数が目立つ。2010億回ビューと、2位以下の記録を3倍近く上回る記録をたたき出した。視聴回数のトップ5は以下のとおり。

『マインクラフト』:2010億ビュー
『Roblox』:750億ビュー
『Garena Free Fire』:720億ビュー
『グランドセフトオートV』:700億ビュー
『フォートナイト』:670億ビュー

 『Roblox』と『Garena Free Fire』は日本ではあまりなじみがないかもしれない。『Roblox』はアメリカでとくに子供に人気のゲームで、自分でゲームを作ったり、ほかのユーザーが作ったゲームを遊べるプラットフォーム。『Garena Free Fire』は南米を中心に人気を博しているモバイル向けバトルロイヤルゲームだ。
 生配信で人気のゲームは上記のランキングから『Roblox』が抜け、『PUBG Mobile』がランクインしている。

 2020年視聴回数が多かったイベントの筆頭に、『フォートナイト』とラッパーのトラヴィス・スコット氏がコラボしたゲーム内のイベント「Travis Scott and Fortnite Present: Astronomical」参考URL)があげられている。記事執筆時点で1億ビューを超えている。

 ほかにも、6月に公開されたPlayStation 5のイベント「THE FUTURE OF GAMING SHOW」参考URL)や、7月に公開されたXboxのイベント「Xbox Games Showcase」参考URL)も入っている。次世代機が発売する年ということで、各プラットフォームともかなり注目されていた。

 とくに注目度の高かったゲーム系YouTubeチャンネルは『マインクラフト』の動画を公開し続けるチャンネル「Dream」(参考URL)。2020年1月には100万人が登録していたが、10月には1300万人を突破。1年にも満たない時間で1000万人以上の新規登録者を獲得した。記事執筆時点で1390万人がチャンネルに登録している。

(画像はYouTube Official Blogより)

 ブログではほかにも2020年注目のゲーム系コンテンツクリエイターなどが紹介されている。2020年のYouTubeを振り返りたい方は、ブログを確認して欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧