本格的すぎる専用コントローラーのロボゲー『鉄騎』のRTAがTwitterでトレンド入り。背後から僚機を撃破、仲間の命よりもタイムが重要な外道タイムアタックが話題に

 12月27日より開催されたリアルタイムアタック(RTA)イベント「RTA in Japan 2020」にて、Xbox用ソフト『鉄騎』のタイムアタックが披露された。ルールは「Campaign 2082 – NG」。走者はこのルールで世界記録を持ち、世界唯一の走者でもあるみふ氏。Twitterでは「鉄騎RTA」がトレンド入りを果たした。

 『鉄騎』といえばあの巨大な専用コントローラーでロボットを操作する作品だが、RTAではゲーム画面だけでなくコントローラーとフットペダルの操作も配信。その巨大さ、無骨さ、操作ボタンの数の多さに、視聴者からは驚きとともに「かっこいい」の声が多数挙がった。

 『鉄騎』はカプコンが2002年にリリースしたロボットシミュレーションゲーム。大きな特徴は、ゲームに登場するロボット「ヴァーティカルタンク」(VT)のコックピットを再現した巨大な専用コントローラーだ。2本のレバーとさまざまなスイッチ、サムスティック、そしてフットペダルを組み合わせたコントローラーは当時大きな話題となった。

 中でも緊急脱出ボタンは有名で、自機が撃破された場合、爆発するまでに脱出ボタンを押さなければセーブデータまで消去されてしまう。このコントローラーを含め、巨大ロボットの操作をシミュレートする作品として無二の魅力を持つゲームだ。

(画像はTwitch「RTA in Japan 2020」より)

 ゲームの世界は2080年代に設定。プレイヤーは架空の島、海市島の紛争にVT乗りとして参加することになる。今回RTAの対象となったのは、第二次海市島紛争が描かれる2082年のキャンペーン。キャンペーンは第一次と第二次に分かれており、2082年のキャンペーンはその後半に当たる。

 海外のスピードランの記録収集サイト「Speedrun.com」によると、NG+(強くてニューゲーム)ルールであれば2082年にも走者がいるが、みふ氏はニューゲームで開始。両者の大きな違いは、搭乗するVTの性能差だ。

 ゲームには大きく分けて3世代のVTが登場し、NG+ではキャンペーン前半のデータを引き継ぐため、最新鋭機である第三世代VTも使える。一方、ニューゲームの場合は性能で劣る第二世代VTを使わなければならない(参考リンク:みふ氏のブログ)。RTA終了後に氏は第三世代の試作VTを披露したが、コックピットのデザインは大きく変わり、最高速度もほぼ2倍の差があった。

(画像はTwitch「RTA in Japan 2020」より)

 そんな戦力差を埋めるためにゲーム中で積極的に使われていたのは、近接攻撃による高速移動だ。ゲーム中に近接攻撃が近接攻撃として使われたのはわずか。ほとんど移動用の技と化していた。

 開幕から一緒に戦場で戦うはずの僚機を背中から撃破し、タイムは戦友の命より重いことを示して達成した記録は1時間2分31秒。氏が持つ世界記録1時間1分2秒にわずかに届かなかったが、悲鳴を上げるほどのイレギュラーを乗り越えて見事に一度も脱出することなくクリアとなった。

 『鉄騎』の「Campaign 2082 – NG」はランナーが世界でたったひとりのスピードランだ。『鉄騎』は中古で現在も一部店舗で販売されているという。定価より安いということなので、ゲームに興味があれば購入を検討してみてはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ