『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』に次世代機向け最適化アップデート配信。PS5、Xbox Series X/Sでフレームレートや解像度が向上し、グラフィック強化

 エレクトロニック・アーツ(EA)は1月13日(水)、『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』の次世代機版に向けた最適化アップデートの配信を開始した。改善点は以下のとおり。

・Xbox Series X/SとPlayStation 5でフレームレートが改善
・Xbox Series X/SとPlayStation 5で高解像度利用時にダイナミック解像度の範囲が向上
・Xbox Series XとPS5でポストプロセッシングの解像度が向上(Xbox Series Sは除く)

 Xbox Series X/Sのパフォーマンス優先モード、並びにPS5では、フレームレートが45fpsから60fpsへと改善。Xbox Series Xのパフォーマンス優先モードでは1080pから1440pの範囲にダイナミック解像度が追加。Xbox Series Xでのノーマルモード(非パフォーマンス優先モード)では、ポストプロセッシングが4Kに増加し、1512pから2160pの範囲でダイナミック解像度が追加される。

 PS5ではポストプロセッシングが1440pに増加し、810p~1080pで設定されていたダイナミック解像度が無効化されゲームが1200pで描画されるようになる。

※ダイナミック解像度とはゲームの負荷に合わせて動的に解像度を変更する機能。負荷が掛かる場面で解像度を小さくし、フレームレートの安定をはかる。

(画像は『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』公式サイトより)
(画像は『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』公式サイトより)

 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』は2019年にEAがリリースした三人称視点のシングルプレイ用アクションゲーム。開発は『Apex Legend』のRespawn Entertainmentだ。
 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の間のジェダイ衰退期を描く。主人公はジェダイ抹殺命令「オーダー66」を生き延びたパダワンのカル・ケルティス。ドロイドのBD-1や仲間たちと共にジェダイ・オーダー再建を目指す。

 第23回D.I.C.E. Awardsではアドベンチャー・ゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞。The Game Awards 2020ではベストアクションアドベンチャーゲームにノミネートされるなど、ゲームの評価も高い。
 幸運にも次世代機を手に入れられたという方は、強化されたグラフィックスでもう一度冒険に出かけてみてはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧