Valveのゲイブ・ニューウェル氏が新作ゲームの開発を示唆。「間違いなく、今後発表する予定のゲームを開発中です」とニュージーランドメディアに語る

 新型コロナウイルスの感染拡大により、ニュージーランドに長期滞在中のValveの共同設立者ゲイブ・ニューウェル氏が、現地メディア1 Newsに対して「私たちは間違いなく、今後発表する予定のゲームを開発中です。ゲームを出荷するのは楽しいです」と答えた。

 Valveはシングルプレイゲーム『Half-Life: Alyx』を2020年3月にリリース。10年以上ぶりにシングルプレイ向けゲームをリリースしたことが話題となった。本作をリリースし、ゲームファンから高い評価を受けたことで、社内でさらに多くのことを行うための勢いが生まれたとニューウェル氏は語っている。

 1 Newsはニューウェル氏に対して『Portal』『Half-Life』の新作についても質問した。これらの作品に関して、氏は「私は長い間、それらについて話さないことに成功してきました」と、やはり新情報は明かさなかった。

 先日、ValveがマルチプレイVRゲームコードネーム『Citadel』を開発中だと主張する人物が現れた(動画リンク)。本作についても1 Newsは質問したが、ニューウェル氏は『Citadel』という名前を知らないと回答。
 一方で「社内にはさまざまなコードネームがあり、時間と共に変化していきます」と、社内で何らかのコードネームを持った作品を開発していることも仄めかした。

 Valveは1998年にシングルプレイを主眼に置いたFPS『Half-Life』をリリースしてゲーム業界にデビューした。その後、Mod開発チームを迎え入れて『Counter-Strike』シリーズの開発を進め、マルチプレイゲームの開発でも高い評価を得た。
 2004年には『Half-Life 2』をリリース。その後、続編としてエピソード形式を取る『Half-Life 2 Episode 1』『Half-Life 2 Episode 2』をリリースしたものの、予定されていた『Half-Life 2 Episode 3』は現在もリリースされていない。

 『Half-Life 2』以降はゲーム配信プラットフォーム「Steam」を運営しながら、MOBA『DOTA 2』やデジタルカードゲーム『Artifact』をリリース。『DOTA 2』は世界でもっとも賞金額が高いeスポーツ大会といわれる「The International」を毎年開催するほどの人気を誇るが、『Artifact』はそれに比べると大失敗といっていい状態だった。Valveは『Artifact』の更新を一時停止し、再起動に向けたテストを行っている。

 Valveの最新作『Half-Life: Alyx』はVR系の賞を中心に、さまざまな2020年ゲーム・オブ・ザ・イヤー関連賞に輝いた。丁寧な作りと面白さが話題を呼び、VR FPSのマスターピースとして今後のVR FPSのベンチマークとなることが予想される。
 VRゲームでも存在感を示したValveに、VRの新作を求めるのは当然の成り行きだろう。『Citadel』もそんな需要を受けたニュースなのかもしれない。

(画像はSteam『Half-Life: Alyx』より)

 Valveは少なくとも『Artifact』の開発を進めており、『DOTA 2』や『Team Fortress 2』のアップデートも行っていることは間違いない。一方でファンが気になるのはまだ見ぬ新作だ。2021年はValveファンにとってどのような年になるだろうか。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ