あらゆる手段を講じて伝染病の拡大を阻止せよ。感染拡大シミュレーションゲームの無料追加コンテンツ『Plague Inc: The Cure』が配信中

 イギリス・ブリストルを拠点とするNdemic Creationsは、同社開発の感染拡大シミュレーションゲーム『Plague Inc.』Steam版にて、追加コンテンツ『Plague Inc: The Cure』を1月28日(木)から配信している。
 本モードは昨年11月にiOSAndroid向けにも配信中で、新型コロナウイルスの世界的流行が収束するまでは無料で提供される。ただし、Steam版とiOS版の本編は有料(買い切り型)で、本モードをプレイするには本編の購入が必要となる。

(画像はSteam『Plague Inc: The Cure』より)

 本来の『Plague Inc.』は細菌やウイルスなどの疫病による全人類の滅亡を目的とする戦略シミュレーションゲームなのだが、今回配信されている『Plague Inc: The Cure』では、伝染病の拡大を阻止することが最大の目的となっている。作中では感染源を特定するための研究チームの派遣をはじめ、接触者の追跡や都市・国境の封鎖、経済支援やワクチンの開発など、あらゆる手段を講じて感染防止に取り組む。

 Ndemic Creationsは2020年3月、新型コロナウイルス対策の専門機関であるWHO(世界保健機関)とCEPI(感染症流行対策イノベーション連合)へ25万ドルを寄付すると発表しており、世界各地の専門家の助けを借りて開発された本モードも寄付にあわせて発表されたものだ。

 本作は一見して不謹慎な内容ながらも、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)が開発者に講演を依頼するほどのリアリティと戦略性のある優れたゲームプレイで人気を集め、世界中で2億回以上プレイされている。

(画像はSteam『Plague Inc: The Cure』より)
(画像はSteam『Plague Inc: The Cure』より)

 『Plague Inc.』のSteam版は通常1680円、iOS版は120円で配信中。Android版については一部機能の制限や広告表示と引き換えに無料でプレイ可能なので、興味があればプレイしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ