『モンスターハンター:ワールド』のボードゲーム化クラウドファンディングが4月より開始。ネルギガンテ、リオレウスなどが登場し、最大で高さ30センチを超えるド迫力のモンスター駒も

 イギリスのボードゲーム会社Steamforgedは1月29日(金)、ハンティングアクションゲーム『モンスターハンター:ワールド』をもとにしたボードゲーム『MONSTER HUNTER: WORLD THE BOARD GAME』のクラウドファンディングを、kickstarterにて2021年4月に開始すると発表した。

画像は公式ページより
画像は公式ページより

 『モンスターハンター:ワールド』は、2018年1月に発売されたハンティングアクション。多種多様な地形や生態系、エリア移動の際にロードを挟まずシームレスな移動が可能、回復後の硬直が無くなるなど従来の「モンスターハンター」シリーズから大きく進化しており、タイトルのロゴも変更されている。

 舞台は古代樹の森と大蟻塚の荒地。プレイヤーは原作同様、フィールドを歩き回って痕跡を集めながらモンスターを探すこととなる。
 もっとも目を引くのは、L、XL、XXL、XXXLの4種類のサイズで展開される巨大なモンスターのフィギュアだろう。もっとも大きなXXXLは高さ30センチ超えで、原作さながらの迫力に期待できそうだ。登場するモンスターには、『モンスターハンター:ワールド』のパッケージになっているネルギガンテはもちろん、アンジャナフやディアブロス、リオレウスなどの姿が確認できる。

 日本語化や細かいルールなどの詳細は現在不明となっているが、今後数週間以内にモンスターやルールなどの詳細が発表されるとのことだ。公式ページのメーリングリストに登録することで最新情報を受け取れる。気になっている方は忘れずに登録しよう。

 支援額ごとに手に入れられるセットは異なっており、発表されているなかで最高額である279$のリターン「All-In Pledge」にはモンスターが12体、ハンターが12体、カードが1800枚以上とかなりのボリュームになっている。現在公開されているリターンは以下の画像のとおり。

 

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ