リメイク版『ファミコン探偵倶楽部』が5月14日に発売決定。アドベンチャーゲームの名作が、アニメーションも取り入れられ約30年ぶり復活へ

 任天堂は「Nintendo Direct 2021.2.18」にて、リメイク版『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』『ファミコン探偵倶楽部 うしろに立つ少女』の発売日を5月14日と発表した。

 プラットフォームはNintendo Switch。価格はそれぞれダウンロード版が税込4378円、また同日にパッケージ版として、2作がセットになり設定資料集が付属したコレクターズエディションが税込10978円で発売する。

 本作は1988年に任天堂より発売した『ファミコン探偵倶楽部』シリーズのリメイク作品。開発は『STEINS;GATE』のMAGES.が担当しており、現在のアドベンチャーゲームとして刷新されている。

 グラフィックやBGMは様変わりしており、会話シーンはフルボイス収録になっている。またオリジナルのテイストはしっかり残っており、昔ながらのコマンド選択型でストーリーが進行するようだ。

(画像はNintendo Direct 2021.2.18より)
(画像はNintendo Direct 2021.2.18より)
(画像はNintendo Direct 2021.2.18より)
(画像はNintendo Direct 2021.2.18より)

 オリジナル版『ファミコン探偵倶楽部』は、現在は任天堂で開発部統括の立場にある坂本賀勇氏がストーリーの原作を担当。記憶喪失の主人公が、財閥当主の不審死について調査をする物語で、地方の土着的な雰囲気のなかで禍々しいストーリーが展開される。

 また続編の『ファミコン探偵倶楽部 PartII うしろに立つ少女』は、高校を舞台に女子高生の殺人事件を追うストーリー。前作の地方の土着的な雰囲気から一転、『学校の怪談』風のストーリーを織り交ぜた意欲作となっている。特にこの『うしろに立つ少女』の評価が高く、スーパーファミコンのニンテンドウパワー配信向けにリメイクされている。

 今回公開された映像では、アニメーションが取り入れられていることが確認できた。細やかな演出が期待できそうだ。
 もともと2020年に発売予定だったが、品質向上のため2021年発売に延期された本作。30年以上前の作品ながら、アドベンチャーゲームの名作として名高い作品なので、未プレイの人はぜひプレイしてみてはいかがだろうか。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ