ソウルライクゲーム『Mortal Shell』の販売本数が50万本を突破。グラフィックをアップグレードしたPS5版は5月20日に発売予定

 ゲーム開発会社Cold Symmetryは、同社が開発するソウルライクアクションゲーム『Mortal Shell』が全世界で50万本以上売り上げたと発表した。

 公式Twitterアカウントを通じて、グラフィックをアップデートした『Mortal Shell: Enhanced Edition』がリリースされたことも伝えられている。同作は日本でもPlayStation 5で5月20日(木)に発売予定で、すでにPlayStation 4版を持っているファンは100円でPS5版にアップグレードできる。

※2月末に公開された『Mortal Shell: Enhanced Edition』のトレイラー。

 『Mortal Shell』はダークファンタジーな世界で、手強いモンスターと戦うアクションRPGだ。スタミナが設定されておりボタン連打をさせないシステム、仄めかしながらもすべてを明かさない世界設定、高い難度など、随所に『DARK SOULS』の影響が見られるソウルライクゲームとなっている。

 本編自体は『DARK SOULS』と比べて短めだが、スタミナとHPの割合などが大きく異なる4種類の「シェル」(クラス)と武器を切り替えることで異なるゲームプレイを楽しめる。それぞれのシェルは過去にどこかで死亡した戦士の魂で、彼らの能力を向上させると生前どんな人物だったのかが少しずつ見えてくる。

 本作ではプレイヤーが倒されるとシェルがその場で引き剥がされ、さらにその状態で一度でも攻撃を受けると死亡、引き剥がされたシェルは残された場所で回収しなければならないというシステムとなっている。シェルがない状態でもスタミナ値は高いので、攻撃を回避していくことでなんとか戦えるというスリルのあるバランスが楽しめる。ソウルライクゲームではあるが、さまざまな点でオリジナリティのあるシステムが搭載されている。

(画像はSteam『Mortal Shell』より)
(画像はSteam『Mortal Shell』より)

 『Mortal Shell: Enhanced Edition』は、最大4K解像度、60fpsの映像にグラフィックがパワーアップ。ロード時間はPS4と比べて約半分になったという。DualSenseのハプティックフィードバックにも対応し、さらにリアルな触覚が楽しめる。

 全世界で50万本を売り上げたソウルライク『Mortal Shell』は、PS5でも5月20日発売予定だ。パッケージ版を予約した方には、早期予約特典としてアートブックもついてくる。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ