歴史シミュレーションのシリーズ16作目『信長の野望・新生』が発表、2021年に発売予定。3月30日から早くもJR東海とのコラボレーション企画を開催予定

 コーエーテクモゲームスは、3月28日(日)に配信された映像番組「シブサワ・コウ40周年記念番組 春の陣」にて、歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』シリーズの16作目にあたる最新作『信長の野望・新生』を発表した。発売は2021年内の予定だが、執筆時点で対応プラットフォームは明らかにされていない。

(画像はYouTube「『信長の野望・新生』ティザー映像」より)

 番組には『信長の野望』や『三國志』などのシリーズ作品を手がけたゼネラル・プロデューサーのシブサワ・コウ氏や、本作のプロデューサーを務めた小笠原賢一氏が出演。芸能界きってのゲーム愛好家として知られる伊集院光さんもゲストとして出演し、初公開エピソードを交えながら40年の歩みを振り返った。

 小笠原氏は制作のきっかけについて、シブサワ・コウ氏の40周年やコロナ禍の重苦しい状況に触れつつ「プレイヤーを元気づけられる作品」をコンセプトに開発を進めていると語った。また、タイトルの“新生”には「新しいチャレンジ」「新しい世の中に対する決意」がストレートに込められているという。

 なお、早くも本作とJR東海とのコラボレーション企画がスタートすることも伝えられた。期間は3月30日(火)から7月31日(土)までで、戦国時代ゆかりの地である京都・滋賀・愛知・岐阜・静岡を巡る「戦国歴史謎解きラリー」が開催されるようだ。

(画像は『信長の野望・新生』公式ティザーサイトより)

 本作の最新情報については『信長の野望』シリーズの公式Twitterアカウント(@nobunaga_kt)や、公式Facebookアカウントから伝えられる。興味があればフォローしたうえで続報を待ってみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ