足にチェーンソーをつけた主人公が敵を斬り裂くレトロ風FPS『Turbo Overkill』のSteamストアページ公開。巨大な銃と刃で敵を肉片へと変えろ

 ニュージーランドに拠点を置くゲームデベロッパーTrigger Happy Interactiveは、サイバーパンク世界で足にチェーンソーをつけた主人公が大暴れするFPS『Turbo Overkill』Steamストアページをオープンした。発売時期は「SOON」とされている。

 『Turbo Overkill』のもっとも特徴的な点は、足に取り付けられたチェーンソーだ。下記の映像はゲームの発表時にリリースされた十数秒の予告トレイラーで、足のチェーンソーで自分のショットガンをソードオフする様子がレトロスタイルのFPSファンの心をつかみ、Twitter上でもひそかに注目を集めていた

 1990年代のFPSをイメージした最新のシューターは、英語圏では「ブーマーシューター」(高齢者シューター、あるいは老害シューターの意)と呼ばれている。定義や解釈はゲームによってさまざまだが、『DOOM』のように敵がスプライト表示の2.5Dだったり、ローポリ3Dだったりすることが多い。そして多くのブーマーシューターは常に走り回り撃ちまくる、ラン・アンド・ガンスタイルのゲームプレイが特徴となっている。

 プレイヤーの目的は、二丁拳銃やソードオフ・ショットガン、ガトリングガンなどの強力な武器を手に、時には足のチェーンソーを使って犯罪者たちを肉片に変えること。すべての武器にはセカンダリファイアが設定されており、ガトリングガンには火炎放射器が備え付けられている。ウォールランやジャンプパッド、ダブルジャンプにロケットジャンプなどを駆使して戦場を自在に駆け抜けることができる。立ち止まることはすなわち死を意味する。

 ゲームのアートは見ても分かるとおり、さまざまなサイバーパンク作品、ヴェイパーウェイヴ、『アウトラン』から着想を得ているという。ゲームプレイは『DOOM』、『QUAKE』『Duke Nukem 3D』と往年の名作シューターのフォロワーだ。

(画像はSteam 『Turbo Overkill』より)
(画像はSteam 『Turbo Overkill』より)
(画像はSteam 『Turbo Overkill』より)

 なおゲームを開発するwadaholic氏は、『DOOM II』をサバイバルホラーに変えるMod「Total Chaos」を製作したことで有名だ。Mod製作者として名を馳せたあと、ついにスタンドアロンのゲームを作ることになった。公式Twitterアカウントによると、日本時間の4月8日午前7時に5分間のゲームプレイ映像が公開されるとのこと。

【更新 2021/4/8 9:40】 5分間のゲームプレイ映像が公開されたので記事内に追加。

 古き良き時代のFPSを現代によみがえらせ、足にチェーンソーをくっつけた暴力的FPS『Turbo Overkill』は現在開発中。ゲームに興味があればDiscordサーバーに参加したり、Steamのウィッシュリストにゲームを登録して続報を待ってほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ