『コットン ガーディアンフォース サターントリビュート』が9月30日に発売決定。サターンの名作シューティングゲームがPS4とNintendo Switchでプレイ可能に

 シティコネクションは、横スクロール型シューティングゲーム『コットン ガーディアンフォース サターントリビュート』を9月30日(木)に発売すると発表した。プラットフォームはPlayStation 4、Nintendo Switchで価格は未定。

 『コットン』シリーズは魔法使いの女の子ナタ・デ・コットンを主人公とした横スクロール型シューティングゲーム。妖精界を救うため、魔法を駆使して妖精と一緒に魔物と戦っていく。
 今回の『コットン ガーディアンフォース サターントリビュート』は、セガサターン向けに発売された1997年の『コットン2』、1998年に発売した『コットンブーメラン』、さらに1998年に発売した戦車を操作する見下ろし型全方位シューティングゲーム『ガーディアンフォース』を移植したもの。

(画像はYouTube「シュー大祭 ~シューティングゲーム大感謝祭~」一日目 4月24日(土)」より)
(画像はYouTube「シュー大祭 ~シューティングゲーム大感謝祭~」一日目 4月24日(土)」より)
(画像はYouTube「シュー大祭 ~シューティングゲーム大感謝祭~」一日目 4月24日(土)」より)
(画像はYouTube「シュー大祭 ~シューティングゲーム大感謝祭~」一日目 4月24日(土)」より)

 今回で初移植となり、シティコネクションが開発・発売を担当する。通常版のほか、パッケージが違う特装版が発売予定で、詳細は後日発表予定。特に『コットンブーメラン』は移植が難しく、2000年代に移植を試みたこともあったという。今回それがようやく実現することになったようだ。
 新しい要素としては、遊びやすくクイックセーブ、クイックロードなどのほか、巻き戻しやスローモーションなどの要素が追加されているとのこと。

 なお『コットン』30周年の記念タイトルとして、第1弾が「アストロシティミニ」に収録された『コットン』、第2弾が『コットン リブート!』がPlayStation 4、Nintendo Switch向けソフトとして今年2月に発売済み。さらに新作が予定されているが、アーケード向けに開発中。続報に期待したい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ