『熱血硬派くにおくん』シリーズと静岡県伊東市のコラボによる特別映像「熱湯!まくら投げ in 伊東市」公開。浴衣をまとったキャラクターたちが伊東温泉の一大イベントを紹介

 アークシステムワークスと静岡県伊東市は、同地で例年開催されていたイベント「全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉」『熱血硬派くにおくん』シリーズのコラボによる特別映像「熱湯!まくら投げ in 伊東市」を4月26日(月)に公開した。

  地元高校生のアイデアをもとに2013年2月から始まった「全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉」は、2020年の開催時に参加者を600人以上集めるほどの一大イベントであったが、コロナ禍の影響によって中止を余儀なくされている。

 今回公開された「熱湯!まくら投げ in 伊東市」は、大会開催が叶わない状況下でもスポーツとしてのまくら投げを風化させず、認知を拡大させるために制作されたルール説明動画である。映像には『熱血硬派くにおくん』シリーズのキャラクターが浴衣をまとった姿で登場。シリーズ作品である『熱血高校ドッジボール部』のBGM・効果音も使われており、ゲームのシリーズファンも楽しめる内容となっている。

 なお、ルール説明動画の公開にあわせて、伊東市長を務める小野達也氏、アークシステムワークス代表取締役社長の木戸岡稔氏、企画制作を手がけた株式会社FACT最高経営責任者(CEO)の三寺雅人氏による3者対談動画も公開されている。

 こちらの映像では、伊東市がこれまでに実施してきたまくら投げのプロモーション施策やゲーム化の可能性について語られているので、興味があればコンセプトサイトとあわせてチェックしてみてほしい。

 特別映像「熱湯!まくら投げ in 伊東市」の公開に関する静岡県伊東市のリリース文は以下のとおり。

【全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉×熱血硬派くにおくんシリーズ】コラボレーション

まくら投げルール説明動画
『熱湯!まくら投げ in 伊東市』4 月 26 日より公開

懐かしのくにおくんが浴衣を着て、枕を投げる!かわす!布団にもぐる!
伊東市長とアークシステムワークス社長の対談動画と共に公開開始

伊東市(庁舎:静岡県伊東市、市長:小野達也)は、令和 3 年 4 月 26 日(月)より、アークシステムワークス株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役:木戸岡 稔)が展開するゲームタイトル「熱血硬派くにおくんシリーズ」とコラボレーションしたまくら投げルール説明動画 『熱湯!まくら投げ in 伊東市』を公開しました。併せて、伊東市小野市長とアークシステムワークス代表取締役の木戸岡社長、企画製作を手掛けたまくら投げプロモーションアドバイザーの株式会社FACT 三寺 CEO との対談動画も公開しています。

2013 年 2 月から地元高校生のアイデアをもとに始まった「全日本まくら投げ大会 in 伊東温泉」は昨年 2020 年には 600 名以上が参加する伊東市が誇る一大イベントとなりました。ですが、コロナ禍の影響で 2020 年 2 月の大会を最後に中止を余儀なくされました。会開催が叶わない現状でも“まくら投げ”を風化させないよう、“まくら投げ”というスポーツの認知拡大を目的に、新たなルール説明動画を制作することにしました。

年代問わず、老若男女楽しめるまくら投げをより多くの方に知って頂くため、自宅で家族みんなで楽しめるゲームに着目。その中でも競技スタイルやルールが似ている“ドッジボール”のゲームとのコラボレーションアイデアがあがりました。そこで、今年35 周年を迎える大人気ゲームタイトルくにおくんシリーズ「熱血高校ドッジボール部」のライセンスを所有するアークシステムワークス様へ打診したところ快諾を頂き、夢のコラボレーションが実現しました。

このルール説明動画『熱湯!まくら投げ in 伊東市』は、くにおくんをはじめとしたキャラクターやBGM、効果音等は当時のままで、衣装を浴衣に、ドッジボールを枕に持ち替え、ドッジボールコートは 20 畳の畳に変更した完全オリジナルのまくら投げルール説明動画です。

また、伊東市小野市長、アークシステムワークス木戸岡社長、企画制作を手掛けた株式会社FACT三寺 CEO の 3 名が動画誕生までの経緯や想いを語る対談動画も同時公開しています。

伊東市は、2019 年 5 月より、新体操団体元日本代表の畠山愛理さんを起用した新コンセプトサイトや動画の制作、まくら投げ大会のユニフォームとしても着用できるオリジナル浴衣オーダーサービス「MY YUKATA」の提供など、まくら投げ大会のさらなる認知拡大とブランドイメージ訴求のため、活動を続けて参りました。

大会やイベント開催が難しい時期でもより多くのお客様に伊東を満喫して頂くため、温泉や特産品はもちろん、誰もが楽しめるスポーツ「まくら投げ」を観光コンテンツとして様々な方法で提案して参ります。

■まくら投げルール説明動画『熱湯!まくら投げ in 伊東市』について
タイトル: 『熱湯!まくら投げ in 伊東市』
公開日: 4 月 26 日(月)~

【まくら投げ公式サイト】 https://まくら投げ in 伊東市.com/kuniokun/

【動画公開 Youtube】 https://www.youtube.com/watch?v=gR-qVHVHne0&t=1s

【3 者対談動画】 https://youtu.be/1zJK6VV92vc


伊東市小野市長、アークシステムワークス木戸岡社長、企画制作を手掛けた株式会社FACT CEO 三寺の 3 名が動画誕生までの経緯や想いを語る対談動画も同時公開しています。

伊東市のこれまでのまくら投げプロモーションや、まくら投げがゲーム化する可能性についても語っていますので、是非ご覧ください。

■これまでの伊東市まくら投げプロモーションご紹介

<オリジナル浴衣注文サービス「MY YUKATA」について>

オンラインサイトにて、わずか 4 ステップでオリジナル浴衣の注文ができる伊東市発の新サービスが 2020 年 2 月 22 日(土)よりスタート。
デザインバリエーションは 11 パターン。カラーや帯の組み合わせで全 252 パターンからあなた好みの浴衣がつくれます。
畠山愛理さんが、まくら投げ公式サイトや動画で着用しているモデルも注文可能です。
オプションで名前やチーム名を入れることもできるので、まくら投げ出場時のチームユニフォームとしてもおすすめです。

【サイト URL: https://my-yukata.jp

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ