「ダウンロード、サブスク配信されていない遊びたい美少女ゲーム」を投票する特設サイトが開設。クラウドゲーミングプラットフォーム「OOParts」が上位タイトルはゲームメーカーや権利者に働きかけへ

 クラウドゲーミングプラットフォーム「OOParts」は4月27日(火)に「#まだネットにない美少女ゲーム総選挙」キャンペーンの開始を発表した特設サイトにて、「ダウンロード販売・サブスク配信されていないゲーム」から遊びたいタイトルを投票。上位となったゲームはOOPartsのラインナップに加わるようにゲームメーカーや権利者に働きかけるという。

 OOParts(オーパーツ)は、美少女ゲームに特化したクラウドゲーミングサービス。OSの違いなどで現代ではプレイ困難な作品を、スマートフォンやブラウザなど、さまざまなデバイスからプレイ可能となっている。現在は期間限定価格を終了して、正式価格の月額2980円(税込)でサービスを提供。新規ユーザーは3日間の無料体験ができるようになっている。

 4月24日より16日間連続でタイトルが追加されるキャンペーンを行っており、ライアーソフトの『腐り姫 ~euthanasia~』、工画堂スタジオ『シンフォニック=レイン』、ナインテイルの『機械仕掛けのイヴ 〜Dea Ex Machina〜』が追加されたばかり。このキャンペーン後は、229タイトルが遊び放題となる。

(画像は#まだネットにない美少女ゲーム総選挙 – OOPartsより)
(画像は#まだネットにない美少女ゲーム総選挙 – OOPartsより)

 今回の「#まだネットにない美少女ゲーム総選挙」キャンペーンは、特設サイトから、投票するゲーム名を入力。一文字打つだけで自動的にゲームタイトルが表示されるため、正式タイトルを覚えていなくても投票が可能だ。
 投票結果は後日、特設サイトと公式Twitterで発表。上位となったゲームはOOPartsのラインナップに加わるようにゲームメーカーや権利者に働きかけ、交渉の進捗を随時発表するという。

 現在、Twitterではさっそく『WHITE ALBUM2 EXTENDED EDITION』『月姫』『DiaboLiQuE(デアボリカ)』『こみっくパーティー』『海からくるもの』など投票にしている人が現れている。

 再発売されず、埋もれつつあるが自分は確かに「時代を超えるべき名作ゲーム」、「もう一度遊びたいゲーム」と思っている作品が思い浮かぶならば、この特設サイトから投票してみてはいかがだろうか。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ