旅情ADV『最涯の列車 時の終わり。大地の始まり。』が6月4日発売決定。列車の中でかつて栄華を誇った帝国の手がかりを追う、『NOSTALGIC TRAIN』の開発者最新作

  個人ゲーム開発者の畳部屋氏は、鉄道を舞台にしたアドベンチャーゲーム『最涯(さいはて)の列車 時の終わり。大地の始まり。』を6月4日に発売すると発表しSteamのストアページをオープンした。プラットフォームはPC(Steam)。価格は税込1980円。

 『最涯(さいはて)の列車 時の終わり。大地の始まり。』は列車を舞台にした一人称視点のアドベンチャーゲームだ。

 見慣れぬ古風な列車の中で目覚めた主人公は、古代の魔器「ネブラの天文盤」を使用して世界を崩壊に導いた廃帝ロクセラーナの儚い人生を追い、その使用の時と場所を明らかにしてほしいと告げられる。列車の中の手掛かりを探索し、悠久の栄華を誇った帝国の滅亡と、歴史に翻弄され忘れられた高貴な少女の手がかりを追うことになる。

 ゲームは、ロクセラーナの人生の節目となった年月を導き出し、車内の扉に入力することで、次の車両への扉が開きストーリーが進行する。「虚ろ野」と呼ばれる草原の景色はプロシージャル生成されて、無限に広がり。プレイヤーは二度と同じ光景を目にすることがない。
 列車内を自由に歩き、好きな座席に座って車窓を眺め、青空文庫を読めるフリーモードも実装。ユーザーによるコンテンツも追加が可能だ。

 開発者したのは、 ナラティブ&環境アーティストで、個人ゲーム開発者の「畳部屋」氏。前作『NOSTALGIC TRAIN』では、日本の田園風景をUnreal Engine 4で美しく再現。メディア芸術祭審査委員会推薦作に選出されるほど高い評価を得た。本作も美しく緻密なグラフィックを特徴としており、茫漠とした荒野を走る鉄道を舞台に、幻想的な物語が展開する。

 『最涯(さいはて)の列車 時の終わり。大地の始まり。』は6月4日にSteamにて発売予定だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ