NetEase Gamesが力を入れる北欧神話を舞台にしたMMOアクションRPG『プロジェクト・ラグナロク』の最新映像が公開。コンソール、PC、スマートフォンで展開予定

 NetEase Gamesは、同社の最新ゲームを紹介する「NetEase Connect 2021 オンライン発表会」を開催し、その中でMMOアクションRPG『プロジェクト・ラグナロク』の最新映像を公開した。プラットフォームはコンソール、PC、スマートフォン向けとなり、クロスプラットフォームに対応している。配信時期は不明。

 『プロジェクト・ラグナロク』は北欧神話の世界観をベースに繰り広げられるストラテジーMMOアクションRPG。
 オープンワールドで展開し、プレイヤーは主神オーディンの命令によって人間界に舞い降り、予言された世界の終焉・ラグナロクを阻止すべく立ち向かう。

 MMORPGらしくモンスターを倒してレベルアップしたり、アイテムを集めたりするおなじみの要素に加えて、ギルドで仲間を集めて他の国に攻め入り、財宝などを奪うことができるストラテジー要素があるという。PvEやPvPも楽しめるとのこと。

(画像はYouTube「NetEase Connect 2021 オンライン発表会」より)
(画像はYouTube「NetEase Connect 2021 オンライン発表会」より)
(画像はYouTube「NetEase Connect 2021 オンライン発表会」より)
(画像はYouTube「NetEase Connect 2021 オンライン発表会」より)

 今回、公開された映像ではプレイヤーキャラクターと推測される女性が巨人を魔法で操り、その巨人で敵に立ち向かうシーンや、男性の戦士が鎖や剣、斧などで敵と戦うアクションが確認できた。人間だけではなく、巨人を操作したり、多彩な武器や魔法を使って敵を倒していく爽快感のあるアクションが楽しめそうだ。また映像の最後には主神オーディンの姿が確認できた。このオーディンがどのように物語と関わってくるのか気になるところだ。

 『プロジェクト・ラグナロク』はNetEase Gamesが特に力を入れているタイトルで、今回の「NetEase Connect 2021 オンライン発表会」で最後に紹介される「トリ」として登場。まだまだ未知数な部分は多いが、クロスプラットフォームに対応するとのことで、実際にローンチすると多くのプレイヤーが参加しそうだ。詳細なゲーム内容がわかる続報に期待したい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ