最大3人の友達と一緒に遊べる短編脱出ゲーム『Escape Quest』が日本語対応。中世ファンタジー世界をテーマにした美しいグラフィックが特徴

 ゲーム開発会社のLumiere Studiosは、Steamで2020年9月に発売されたマルチプレイ対応脱出ゲーム『Escape Quest』の日本語ローカライズを追加したことを発表した。

 『Escape Quest』はひとりまたは最大3人の友人と一緒にパズルを解いて脱出する、中世ファンタジーがテーマの脱出ゲームだ。プレイヤーたちは部屋をよく観察し、可能であれば話し合いながら脱出するための謎を解く。

 価格は320円とかなり安く、現在は1部屋のみを実装。プレイ時間は30分から1時間ほどだという。100件以上のレビューの評価は「ほぼ好評」。パズル自体に理不尽さはなく、楽しく解ける難度で面白かったという意見が多い。一方、価格に見合うがゲームのボリュームが少ないとの指摘も目立つ。

 Lumiere Studiosは、プレイヤーが増えれば部屋の拡張も視野に入れているとしている。

 部屋の中には、パズルを解くヒントとして比較的長文の手紙なども置かれている。「英語に不慣れなすべてのプレイヤーがゲーム内のヒントをよりよく理解し、より多くの人々に楽しみをもたらすことができるようになることを願っています :)」と開発者がニュースにて語っている。

(画像はSteam『Escape Quest』より)
(画像はSteam『Escape Quest』より)
(画像はSteam『Escape Quest』より)
(画像はSteam『Escape Quest』より)

 『Escape Quest』はSteamにて320円で販売中。日本語にも対応したので、英語が苦手なプレイヤーでも楽しく遊べるようになった。興味がある方は遊んでみてほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ