東京メトロ、日本初の「eスポーツジム」を東京都・赤羽岩淵駅の横に設置。正式オープンの前に、無料オンラインコーチングを実施中

 東京メトロとゲシピは、日本初の「eスポーツジム」を南北線赤羽岩淵駅3番出入口横(東京都北区岩淵町36-1)へ設置したことを伝えた。正式オープンの前に、無料オンラインコーチングを実施している。なおオープン日は緊急事態宣言の解除後を予定している。

(画像は日本初のeスポーツ専門のトレーニングジム|eスポーツジムより)

 「eスポーツジム」はeスポーツジムは東京メトロとゲシピが共同で開業する日本初のeスポーツ専門のトレーニングジム。eスポーツが大好きなプレイヤーや、まったく経験がない人でも、「もっと真剣にeスポーツを楽しめる」施設となっている。

 木材とコンクリートがマッチした落ち着く空間の中に、間接照明によって集中してゲーミングパソコンを触れるスペースを設置。初心者でもスタッフのサポートでeスポーツを始められ、ひとりや複数人でも目標に向かって練習をしたり、コーチのレッスンを受けられるものとなっている。

 通常会員は月額5500円(税込)で、WEBから事前予約制。連続利用時間3時間までとなっており、eスポーツを初めてプレイする人をサポート。またオプションで1時間2750円(税込)で、コーチからレッスンが受けられる。対象タイトルは『リーグ・オブ・レジェンド』『アイデンティティV/第五人格』『レインボーシックス シージ』『ぷよぷよeスポーツ』

(画像は日本初のeスポーツ専門のトレーニングジム|eスポーツジムより)
(画像は日本初のeスポーツ専門のトレーニングジム|eスポーツジムより)


 またプロ特化コース会員は、限定10名で月額12100円(税込)。本気でプロシーンを目指す方に向けたサービスで、月2回プロ選手からレッスンを受けられるほか、3ヵ月毎に開催されるトライアウトの受験資格を付与され、合格した場合はプロチームへ加入となる。現在のところ対象タイトルは『レインボーシックス シージ』のみとなる。
 また都度会員は1430円(税込)となっており、無料会員登録後に1日3時間までの都度利用ができるものとなっている。初めての人はここから利用するのがよさそうだ。

 本来、この「eスポーツジム」は、5月19日のオープンを予定したいたが、緊急事態宣言のため延期。正式オープンは緊急事態宣言の解除後となる。そのため店舗の無料開放及び、体験会も検討しており、現在はTwitterで登録会員の無料オンラインコーチングの体験会の実施している。詳細は公式Twitterアカウント、ならびに公式サイトを確認して欲しい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ