プレイヤーのまばたきで物語を進めるアドベンチャー『Before Your Eyes』に麻野一哉氏が感想を寄せる。『弟切草』や『かまいたちの夜』を手がけたサウンドノベル生みの親

 Skybound Gamesより4月8日(木)に配信開始されたPC向け(SteamEpic Game Store)ナラティブアドベンチャーゲーム『Before Your Eyes』に、『弟切草』や『かまいたちの夜』を手がけた麻野一哉氏が感想を寄せた

 本作の最大の特徴は、プレイヤーの実際のまばたきでゲームをプレイすること。ウェブカメラを使用することでプレイヤーのまばたきを検知し、ストーリーを進めていくことができる。

 自分探しの物語がテーマの本作は、魂となった主人公のベンジャミン・ブリンが渡し人であるフェリーマンの導きで人生を振り返っていくもの。プレイヤーはベンジャミンの人生における大事な瞬間の決断を振り返りながら、心の奥底に眠る記憶を目覚めさせて死後の世界を目指す旅に出ることとなる。 

 麻野一哉氏は、

 プレイしているあいだじゅう、ずっと静かな感動に包まれていた。同時に、先行きがとても不安で恐ろしかった。こどもの頃は、ちょっとしたことでも恐れる。でも、完璧に楽観的になる瞬間もある。心から安心することもある。心の振れ幅が大きい。 自分はもう半世紀以上生きてきた。徐々に日々の生活が単調になり、若いときのように、色んなことに刺激を感じるということは、もうない。しかし、子供の頃はすべてが新鮮で、楽しく、寂しく、怖く、うれしい。このゲームをやると、そんな子供の頃の感覚が蘇ってくる。まばたきや目をつぶるといった原始的な行為や、限られた視野、ぼやけた輪郭がそれを強めるのかもしれない。そうして、自分が昔そうだった子供の感覚を取り戻した頃、物語は大きく転回する。 これ以上はネタバレになるので書きません。ぜひプレイしてみて下さい。わすれがたい体験になるでしょう。

 と本作の持つストーリーについて感動した旨を伝えている。

 また、クリエイター兼スタジオディレクターのWill Hellwarth氏が日本のゲーム業界のクリエイターからの質問に答えるインタビューによると、ストーリーとまばたきを使ったゲーム性はほぼ同時に思いついたとのこと。インタビューでは、これ以外にもまばたきをゲームに使用するきっかけや、開発において苦労した点などを語っている。

 価格は税込1010円。

 Will Hellwarth氏へのインタビューを含むリリース全文は以下のとおり。

圧倒的に高評価!
まばたきを使った新感覚ゲーム『Before Your Eyes』の魅力とは…?
~麻野一哉氏よりプレイ感想を入手~

SKYBOUND GAMES STUDIOS,INC(米国カリフォルニア州ロサンゼルス)のゲームブランドであるSkybound Games(スカイバウンド・ゲームズ)が4月8日に発売した『Before Your Eyes』(開発:GoodbyeWorld Games)が、Steam、Epic Games Storeで高評価を得て好評発売中です!

Steamでは「圧倒的に好評」(5月23日現在、ユーザーレビュー3,011 件中98%が好評です)、Epic Games Storeでもゲームメディア、批評家より「とても良い」(OpenCriticレーティングより)と評価を得ている、注目のナラティブアドベンチャーゲームです。

『まばたきという革新的な方法とストーリー、演出のコンビネーションが素晴らしく、ゲームに没入できた』

『感動的なストーリー展開に涙なしでは見られなかった』

『まばたきを通じて主人公の物語を追体験できる素晴らしいゲームだった』

『開発者の作品作りにかける想いや努力が伝わった』

など良い評価のレビューを沢山いただきました。

『Before Your Eyes』では、自分探しの物語をテーマとしており、プレーヤー目線で主人公(ベンジャミン・ブリン)の人生を振り返っていきます。亡くなり魂だけとなった主人公は、フェリーマン(渡し人)に導かれ、最終目的地である死後の世界を目指す旅に出ます。無事にたどり着くためには、フェリーマンに生前のストーリーを伝えなければなりません。

ゲームのメインでもありますが、プレーヤーはウェブカメラを使い、まばたきによってストーリーを進行していきます。フェリここーマンの導きによって、主人公がかつて生きていた人生の大事な瞬間へ戻され、プレーヤーのまばたきによって決定した選択を振り返ることとなります。しかし、フェリーマンはすべての記憶を見せていないのではないかと疑い始め、主人公は心の奥底にあった記憶を思い出すことを余儀なくされるのです。

ノスタルジックな世界観に引き込まれる一方、日々の生活に追われて忘れかけていた大切なことを思い出させてくれる感動的な物語となっています。

まばたきにフォーカスした、ストーリーの没入感をより楽しめるゲームとなっています!
今回はそんな新感覚ゲーム『Before Your Eyes』を深堀し、魅力に迫っていきましょう!

『弟切草』『かまいたちの夜』でサウンドノベルという新たなジャンルを生み出し、『銃声とダイヤモンド』等の多くのアドベンチャーゲームのシナリオ監修を担当した麻野一哉氏より、ゲームをプレイした感想をいただくことが出来ました。

プレイしているあいだじゅう、ずっと静かな感動に包まれていた。同時に、先行きがとても不安で恐ろしかった。こどもの頃は、ちょっとしたことでも恐れる。でも、完璧に楽観的になる瞬間もある。心から安心することもある。心の振れ幅が大きい。 自分はもう半世紀以上生きてきた。徐々に日々の生活が単調になり、若いときのように、色んなことに刺激を感じるということは、もうない。しかし、子供の頃はすべてが新鮮で、楽しく、寂しく、怖く、うれしい。このゲームをやると、そんな子供の頃の感覚が蘇ってくる。まばたきや目をつぶるといった原始的な行為や、限られた視野、ぼやけた輪郭がそれを強めるのかもしれない。そうして、自分が昔そうだった子供の感覚を取り戻した頃、物語は大きく転回する。 これ以上はネタバレになるので書きません。ぜひプレイしてみて下さい。わすれがたい体験になるでしょう。

【麻野一哉氏プロフィール】

1963年生まれ。兵庫県尼崎市出身。甲南大学卒業後、チュンソフトに入社。『ドラクエ4』でプログラマー。『ドラクエ5』でゲームデザインアシスタント。『弟切草』でシナリオ、演出。『トルネコの大冒険』シナリオ。『かまいたちの夜』プロデューサー。『街』総監督。2002年フリーになる。『銃声とダイヤモンド』演出。『仮面の勇者』ディレクター。2020年『テクテクライフ』リリース。

Goodbye World GamesのCEOでクリエイター兼スタジオディレクターのWill Hellwarth(ウィル・ヘルワース)氏に麻野一哉氏を初めとした日本のゲーム業界の方々からの質問をインタビューし、『Before Your Eyes』の誕生秘話などをうかがうことができました。

まばたきを入力方法にすることとストーリーと、どちらかが先に思いつきましたか?

ほとんど同時に、ストーリーとまばたきが思いつきました。幸福の絶頂と不幸のどん底に、人生で人が最も美しくいられるようなストーリーが良いと考えました。その時、それぞれの時間の短さを表現するには、まばたきを使うべきだと考えたのです。

まばたきを入力にすることは、どういうきっかけで思いつきましたか?

僕の学生時代、モバイルアプリはカメラでの入力ができるという点で有利だと感じていました。そして、なぜウェブカメラでの入力がないのか考えました。その時、人の目に着目しました。まばたきであれば、とても自然に時間を進めることが可能だと考えたのです。

ストーリーに元のネタはありますか?

2008年に『Before Your Eyes』を創作しました。その後色々な変化を経て、いくつかのバージョンを創作し、今のものにたどり着きました。僕はとてもGrahamとOliver、そしてGoodbye World Gameのチームに感謝しています。彼らの助言がオリジナルのアイディアをより良いものにしてくれたのです。

VRの展開は考えていますか?

『Before Your Eyes』を他のプラットフォームにも出すというのは素晴らしいと思います。特にVRというのは素敵です! 現在はVRにポートすることは考えていませんが「いつか」したいと考えています。

開発において一番苦労したエピソードはなんでしょうか。

開発中に一番苦労した点は、ワークライフバランスですね。このゲーム制作という旅に出たのは大学時代のことでした。別の仕事をしながらも、常に『Before Your Eyes』の制作を続けてきました。そうです、これは僕らの「情熱」の塊だと考えています。最終的に、皆様にお届けできた事は本当に幸せだと思います。

今後どのようなゲームを開発する予定がありますか。

秘密です!

日本のユーザーへのコメントをお願いします。

すでに『Before Your Eyes』を購入して下さった皆様、お買い上げありがとうございました。僕たちと共に旅に出てくれたことに感謝します。もしまだ購入されていないのであれば一度プレイしてみてください。ネタバレはしたくないので多くは語りませんが、このゲームは人と人のつながりの大切さを物語っています。あなたの人生でも思い当たることがあるかもしれません。心に響く何かがあると思います。是非購入し試してみてください。

『Before Your Eyes』をまだ購入されていない方は、是非プレイしてみてください!
一緒にベンジャミン・ブリンの人生を振り返ってみませんか?

[タイトル情報]

Before Your Eyes
プラットフォーム:PC(Steam/ Epic Games Store)
ジャンル:シネマテックアドベンチャー
価格:1,010円
販売元:Skybound Games
開発元:Goodbye World Games

[公式サイト]

■Twitter

twitter.com/goodbye__world_

■Facebook

www.facebook.com/beforeyoureyesthegame/?ref=py_c

■Discord

discord.gg/9MMBtSTjFJ

■YouTube

www.youtube.com/channel/UC2-14fCE2BoenEJPrmRWSPQ
(Skybound Games)

https://www.youtube.com/channel/UCfJDLuUOy6e4HzdNiCvvOpA/about
(株式会社スナッグルアップ)

Skybound Games(販売元)

Skybound GamesはSkybound Entertainmentの一部門であり、テーブルトップゲームとビデオゲームを制作する能力を持っています。チームはクリエイターと密接に協力し、彼らのユニークで優れたIPを新しいプラットフォームに展開します。Skybound Gamesのビデオゲームのラインナップには、Telltaleの「The Walking Dead」、「Baldur’s Gate」、「Slime Rancher」などがあります。テーブルトップゲームでは、「Pitchstorm」、「Superfight」、「The Walking Dead: Something to Fear」などがあります。Skybound Gamesは、Twitter、Facebook、Instagramで紹介されています。

Skybound GamesSKYBOUND GAMES STUDIOS,INCのゲームブランド名です。

GoodbyeWorld Games(開発元)

GoodbyeWorld Games(本社:米国カリフォルニア州ロサンゼルス)は、受賞歴のある独立系ゲームメーカーです。その最初のプロジェクトである『Close Your』では、Indiecade Developer’s Choice Award(2014年)とIGF Best Student Game Award(2015年)を受賞しました。『Before Your Eyes』は、Will Hellwarth(創設者、スタジオディレクター)、Graham Parkes(リードライター、クリエイティブディレクター)、Oliver Lewin(ゲームディレクター、コンポーザー)、Bela Messex(リードデザイナー)、Richard Beare(リードエンジニア)、Hana Lee(アーティスト)、Brieyh’leai Simmons(3Dアーティスト)、Dillon Terry(オーディオリード、コンポーザー)で構成された才能あるチームの作品です。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ