リメイク版『バーチャファイター5』が、北米向けの6月のPS Plusに早くも登場。6月1日から8月2日まで配信予定

 ソニー・インタラクティブエンタテイメントは北米向けの6月のPlayStation Plusで、リメイク版『バーチャファイター5』こと『Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown』を配信すると発表した。
 PS Plus加入者は6月1日から8月2日までの期間中にダウンロードしておけば、期間終了後も引き続きプレイ可能だ。

 また合わせて協力型のスパイアドベンチャー『Operation: Tango』、フライト・シューター『Star Wars:スコードロン』も配信すると発表している。

(画像はPlayStation Plus games for June: Operation: Tango, Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown, Star Wars: Squadrons – PlayStation.Blogより)

 『Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown』は先日5月26日に発表があったばかりの3D格闘ゲーム。
 2010年に稼動を開始した『バーチャファイター5 ファイナルショーダウン』をベースに、PS4向けにグラフィックが刷新。キャラクターに加えて、ステージ、シネマティックスシーンなどがHDグラフィックになっている。基本的なゲームプレイはそのままに、オンライン要素が充実。開発にはセガAM2研と、龍が如くスタジオが参加しており、ゲームエンジン「ドラゴンエンジン」で制作されている。

 『Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown』は8月2日までPS Plus加入者向けにフリープレイで配信され、6月にストリーミングゲーミングサービスのPlayStation Nowにも追加される。

 協力型のスパイアドベンチャー『Operation: Tango』は日本未発売のタイトルで、PS5向けタイトル。近未来の世界で、フレンドと一緒に危険な任務に挑戦していく。課題は非対称のもので、フレンドとコミュニケーションを取りながら謎を解いていく。マイクが必須なタイトルだ。

 フライト・シューター『Star Wars:スコードロン』は、映画『スター・ウォーズ』に登場するスターファイターのパイロットとなって、ドッグファイトが楽しめる作品だ。時系列的には『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』の後となり、ゲームはコックピット視点で展開する。PS4向けタイトルで、PS VRにも対応しており、PC版とのクロスプレイも可能だ。

 6月のPS Plusは、発表されたばかりの『Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown』がいち早く楽しめるものとなった。日本ではどのようなラインナップになるのか続報を待ちたい。

【更新 2021/06/01 11:40】記事初版にて『Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown』のPS Plus配信について、プレイについても期間限定となる旨の記述がありました。訂正のうえお詫び申し上げます。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ