写真家が『バイオ4』のロゴなどで作品を無断使用されたとしてカプコンを提訴、海外メディア報道。法定損害賠償としては1200万ドル、日本円にしておよそ13億円を求める

 写真家のジュディー・A・ユラチュク氏は、『バイオハザード4』『デビルメイクライ』などで自身の作品を無断使用されたとして、カプコンを提訴した。訴状は6月4日(金)にコネチカット州地方裁判所へ提出された。海外メディアPolygonが訴状の全文を入手して報じたことをきっかけにさまざまなメディアが報じ、動向に注目が集まっている。

 カプコンはPolygonの取材に対し、訴訟は把握しているがそれ以上コメントすることはないと返答している。

(画像はコートリスナーより)
(画像はニンテンドーeショップ『バイオハザード4』より)

 ユラチェク氏が無断で使用されたとするのは、1996年にリリースした写真集「Surfaces」の80点の作品。ゲーム内では200回以上登場しているという。この写真集には世界中から木材や石材、レンガなど表面の写真が1200点収録されており、付属のCD-ROMには写真のデジタルデータが収録されている。

 CD-ROMに収録された画像データを商業利用するためには、ユラチェク氏に連絡して許可を取る必要がある。写真集の収録データは解像度も低いため、許可を受ければより高い解像度のデータも受け取れたという。しかし、カプコンから連絡があったことは一度もないとしている。

 著作権侵害の一例としてあげられているのが、『バイオハザード4』のタイトルロゴに使用された画像だ。この写真はイタリアで撮影された傷ついたガラスの写真が使用されており、比較画像にてどの部分が使われたかが図示されている。
 ほかにも、ゲームに使用されたファイル名が写真集付属のCD-ROMのファイル名と同じものがあるなど、複数が指摘されている。

 ユラチェク氏がこのことに気づいたのは、2020年11月に起きたカプコンへの不正アクセス事件が発端だ。流出したファイルの中には、個人情報のほか開発資料なども含まれていた。最終的にハッカーはこれらのファイルを公開し、その中の『バイオハザード4』のファイルを見て、自身の作品が盗作されていたと気づいたという。

 氏の弁護士は、侵害された各写真に対する法定損害賠償として写真1枚につき15万ドルで80枚分の1200万ドル(約13億円)を要求。また、「虚偽の著作権管理および著作権管理の削除」について、使用された写真1枚につき2500ドル(約27万円)から2万5000ドル(約273万円)の損害賠償などを求めている。

(画像はコートリスナーより)
ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ