キツネの親子によるサバイバルアドベンチャーゲーム『Endling』ゲームプレイ映像が公開。荒廃した世界で3匹の子どもたちを守り、生き抜く術を教えよう

 ドイツ・ギーベルシュタットへ拠点を置くパブリッシャー(販売元)のHandyGamesは、キツネの親子によるサバイバルアドベンチャーゲーム『Endling(エンドリング)』のゲームプレイ映像を日本時間6月6日(日)に公開した。本作はPC(Steam)、Nintendo Switch、PlayStation 4、Xbox Oneへ向けて2021年の発売を予定している。

※海外動画メディアのGameTrailersで公開された最新の公式トレーラー

(画像はSteam『Endling』より)

 スペイン・バルセロナへ拠点を置くHerobeat Studiosが開発する『Endling』は、人類によって荒廃した世界で、母キツネが3匹の子ギツネを守りながら育てる作品である。最新映像では、子ギツネに木登りを教えるスキル習得や人間たちが働く工場へ忍び込むステルスアクションなどの要素を確認できる。

 また、Steamストアページでは、映像の冒頭で連れていかれた“4匹目”の子ギツネを捜すために優れた嗅覚で人間を察知する要素やキツネの親子へ降りかかるトラブルの数々も確認可能だ。

 なお、Steamストアページによると、本作のインターフェースは日本語にも対応予定となっている。興味があれば、Steamウィッシュリストへ登録して続報を待ってみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ