恋する不良女子高生のアクションRPG『Detained: Too Good for School』発表、近日中にクラウドファンディングを実施へ。女性剣士によるアクションRPG『The Vagrant』開発元の最新作

 中国・北京に拠点を置くパブリッシャー(販売元)のThermite Gamesは6月7日(火)、中国のゲーム開発チームO.T.K GamesによるアクションRPG『Detained: Too Good for School』を発表した。あわせて、近日中にKickstarterキャンペーンを実施する予定も明らかとなっている。対応プラットフォームはPC(Steam)。

 なお、タイトルロゴには“不良少女”の日本語が含まれるものの、執筆時点でSteamストアページの記述は日本語非対応だ。

 『Detained: Too Good for School』は、2018年に発売されたアクションRPG『The Vagrant(ザ ベイグラント)』で高い評価を獲得したO.T.K Gamesが開発中の新作タイトルである。発表によると、本作は反骨精神あふれる女子高生を主人公としており、自由な学校生活を楽しめるオープンワールド型の作品だという。

 また、作中では恋愛シミュレーションの要素を収録。バーやクラブで恋人と楽しいひとときを過ごせるほか、ジムに通って体を動かしたり、図書室で勉強したりもできるという。遊びやアイテムの購入に必要なお金はアルバイトで手に入る一方、通行人から奪うことも可能なようだ。

 さらに、本作のエンディングは10種類以上存在。新しいスキルやアップグレード、武器の強化が用意された『The Vagrant』を踏襲する戦闘システムによってカジュアルプレイヤーでも爽快感と手ごたえを味わえるという。

 『Detained: Too Good for School』のクラウドファンディングは近日中に開始されるので、興味があればKickstarterキャンペーンの予告ページやSteamストアページをチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ