講談社・Kickstarter・アークライト3社協力によるボードゲーム番組「ゲムマライブ2021」7月9日19時から48時間配信へ。“ボードゲーム製作”の部分にスポットを当てたさまざまな企画を実施予定

 講談社は、7月9日(金)19時から48時間配信されるボードゲーム番組「ゲムマライブ2021」について最新情報を発表した。本イベントはテレゲーム研究所による運営のもと、講談社とKickstarter社、およびアークライト社の協力を得て実施予定。あわせて、今後毎年夏に定期開催する方針も示されている。

 発表によると「ゲムマライブ2021」は、日本最大級のアナログゲームイベント「ゲームマーケット」から“ボードゲーム製作”の部分にスポットを当て、観る人すべてが「ボードゲームを作りたい!」とかき立てられてしまう番組を目指しているという。

 番組では直前に企画したゲームを48時間でブラッシュアップしてKickstarterにて出資を募る企画やデザイナー同士によるオンライン対談、ゲームデザイン講座や深夜帯のゆるい企画など、幅広い企画が用意されているようだ。

 また、番組内ではクリエイターたちが個人として良いと感じる作品を選ぶアワード「クリエイターズチョイス賞」も発表予定となっている。果たしてどのボードゲームが受賞作に選ばれるのか、興味があれば実際に番組をチェックしてみてほしい。

 テレゲーム研究所のメンバーと番組内コンテンツの紹介を含むリリース文は以下のとおり。

「ゲムマライブ2021」7月9日~11日開催!!
48時間ぶっ通し配信!! みんなで作ろうゲムマライブ!

講談社、Kickstarter社、アークライト社が協力し、テレゲーム研究所の運営で、2021年7月9日(金)19時から同11日(日)19時まで、48時間に渡ってお送りするインターネット上でのボードゲームイベント、「ゲムマライブ2021」の開催情報について告知させていただきます。

日本最大級のアナログゲームイベント「ゲームマーケット」の数ある要素の中から、「ボードゲーム製作」にスポットを当て、「48時間でゲームを製作しKickstarterで出資を募る」「オンラインによるデザイナー同士の対談」「ゲームデザイン講座」「深夜のゆる~い企画」など硬軟織り交ぜた内容で、観る人すべてが「ボードゲームを作りたい!」とかき立てられてしまう番組を目指します。

「講談社ゲームクリエイターズラボ」にてマンガのみならずゲームクリエイターの支援も行っている講談社、世界最大のクリエイター支援型クラウドファンディングであり数億円の支援を集めるボードゲーム企画がいくつも成立しているKickstarter社と、ゲームマーケットを主催・運営するアークライト社が手を携え、この夏、7月9日(金)の19時から同11日(日)の19時までの48時間ぶっ続けで、オンラインイベント「ゲムマライブ2021」を開催します。

イベントを運営するのは、ゲームマーケットでもさまざまな活動でみなさんを楽しませてきた、田中いつか、田中英樹(共にASOBI.dept所属)、朝戸一聖(タンサン株式会社代表)、渡辺範明(ドロッセルマイヤーズ店主)といった強力なメンバーが集うテレゲーム研究所。

「みんなで作ろうゲムマライブ!」を合言葉に、ボードゲームクリエイターと、ボードゲームクリエイターを目指す人たちと、ただ純粋にボードゲームが好きな人たちに盛り上がっていただくための番組を送りします。

特設ページ:https://gamemarket.live
      ※7月9日(金)19時からライブページに切り替わります。

具体的には、下記のコンテンツなどを放送予定です(タイトルはすべて仮のものです)。

◎ボードゲームヒーローズ

イベント直前、Kickstarter上で実際に1本のボードゲーム企画を立ち上げます。

そのボードゲーム企画の卵を、『TWO ROOMS』や『CARTA MARINA』で注目を集める新進気鋭のボードゲームデザインチーム「YUTRIO」の秋山昂亮と高津勇星が48時間でブラッシュアップしていきます。

視聴者はその様子を見つめることができるのはもちろん、彼らのブラッシュアップ作業に積極的に関わっていくことができます。

途中で有名ゲームデザイナーさんが乱入してくることも!? 奇跡のゲームができあがるさまを、リアルタイムで見届けることができます。

「Kickstarterって、結局どうやって活用すればいいの?」という人にとっても、非常にためになるはずです。

◎ボードゲーム座談会

ボードゲームデザインの第一線で活躍されている著名な方々をゲストに迎え、それぞれの製作方法や困難への対処法、ゲームを売るための工夫など、さまざまなテーマで語っていただきます。

オンラインなので、九州から北海道まで、全国のゲームデザイナーが自在に意見を交わすことができるのも魅力です。

◎ゲームデザイン講座

ボードゲームのみならず、デジタルゲームなどでも活躍中の方々を講師にお招きし、ゲームデザインのヒントを語っていただきます。

48時間中、もっとも真面目な番組かも!?

◎ゲームづくりお悩み相談

番組視聴者の皆さんからゲーム作りに関するお悩みをお寄せいただき、ゲストの皆さんを交えて解決法を語っていく番組です。

◎ボードゲーム紹介

いまやゲームマーケットでは、1開催ごとに500点近い新作が発表されると言われており、良いゲームなのにあまり話題にならないまま埋もれてしまう作品も少なくありません。

ここではゲストの皆さんに自分の推しのゲームについて語っていただき、優れたゲームについていま一度掘り起こしが行えたらと思っています。

◎ボードゲーム横丁

「ゲムマライブ」を放送する目的のひとつに、「クリエイターさん同士の交流の場を用意したい」というものがあります。

実際ゲームマーケット会場では、自分のブースの運営で忙しく、なかなかクリエイターさん同士で交流することが難しい状況です。コロナ禍の中では、そうしたことが一層難しくなっています。

ですがクリエイターさん同士の交流こそ、あらたなアイデアの源泉。雑談の中で、お互い思いもしなかったアイデアが生まれ、傑作が誕生することだって、ないとは限りません。

「ゲムマライブ」では、Discord上にクリエイターさんたちが常に集まれる場を提供する予定です。普段なかなか交流できない人とも、ぜひ積極的に意見交換してみてください。

◎クリエイターチョイス賞の告知

メーカーの意思から独立した、クリエイターたち自身が良いと思う作品に与える賞があったら……。そんな思いを形にした賞を設立する予定です。当日の発表をぜひお楽しみに。

その他、まだ発表できないさまざまな企画を準備中ですので、ぜひご期待ください。

「ゲムマライブ」は、今後も毎年夏に定期的に開催する予定です。
いずれ「毎年7月の第2金曜~日曜の3日間は『ボードゲームの日』」として定着するくらいになればと夢見ております。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ