ホラーゲーム原作の映画『返校 言葉が消えた日』のオリジナル楽曲が聴けるミュージックビデオが解禁。主題歌は白色テロによって青春を奪われた若者たちの想いを歌い上げる

 配給会社ツインは、ホラーゲーム『返校 Detention』を映画化した台湾映画『返校 言葉が消えた日』のオリジナル楽曲「光明之日」が聴けるミュージックビデオを公開した。

 映画は、TOHOシネマズ シャンテほか全国で7月30日(金)に公開予定。

 映画『返校 言葉が消えた日』は、ホラーアドベンチャー『返校 Detention』を原作としたホラー映画。台湾初のゲームの映画化作品となり、2019年度の台湾のナンバー1大ヒットとなるほど社会現象となった作品だ。

 本作の舞台は、白色テロ時代の1962年の台湾。この時期は暗黒の時代とされ、共産主義に対抗するために、国民に行き過ぎた相互監視と密告が強制され、多くの人々が投獄、処刑された。

 このような時代の渦中、女子高生のファン・レイシンが放課後の教室で、いつの間にか眠り込んでいたが目を覚ます。すると、なぜか学校は別世界のような奇妙な空気に満ちていた。学校から脱出しようとするが、どうしても外へ出ることができない。この不可解な現象が、白色テロ時代を背景とした切なく悲しい物語へと紡がれていく。

(画像は「返校 言葉が消えた日」ミュージックビデオより)
(画像は「返校 言葉が消えた日」ミュージックビデオより)
(画像は「返校 言葉が消えた日」ミュージックビデオより)
(画像は「返校 言葉が消えた日」ミュージックビデオより)

 本作は中華圏のアカデミー賞ともいわれる映画賞「金馬奨」にて、主要12部門にノミネートされ、そのうち新人監督賞、脚色賞、視覚効果賞、美術デザイン賞、主題歌賞を見事に受賞した。

 今回はその受賞をはたしたオリジナル楽曲である「光明之日」の一部が聴けるミュージックビデオが解禁。主人公のファンが、人目を避けた寺の境内で、美術教師のチャン・ミンホイと心を通わすシーンが映し出される。オリジナル楽曲「光明之日」は、そんな2人を象徴するような「平凡で自由に生きてほしい」という、青春や日常を奪われた若者たちの切ない思いが唄われているものになっている。

 映画『返校 言葉が消えた日』は、TOHOシネマズ シャンテほか全国で7月30日(金)に公開予定だ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧