『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』が、9月1日よりAmazonプライムビデオで独占配信へ。さらに4K Ultra HDリマスター版Blu-ray Boxが9月15日に発売決定

【更新 6/28 21:31】 記事初公開時、Amazonプライムビデオで配信されるのはオリジナル版かのような表記が本文とタイトルで記載していましたが、配信されるのは『コンプリート』版のほうになります。修正してお詫び申し上げます。

 スクウェア・エニックスは3DCGアニメ作品『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』について、4K Ultra HDリマスター版の独占先行配信をAmazonプライムビデオで9月1日(水)からスタートすると発表した。

 価格はそれぞれ税込みで、Amazonプライムビデオのレンタル版のHD版400円、4K版が500円。購入版のHD版が2000円、4K版が2500円となる。

 また合わせて4K ULTRA HD Blu-rayが収録された『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE 4K HDR REMASTER BOX』を9月15日に発売すると発表。価格は税込11000円となる。

 『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』は2005年に発売された3DCGアニメ作品。2009年には約30分の映像を追加、再編集をしてフルHDのコンプリート版Blu-rayが発売されている。

 舞台はゲーム『ファイナルファンタジーVII』から2年後。セフィロスがもたらした大破壊から立ち直りつつあった魔晄都市ミッドガルにて、謎の厄災が襲う。「星痕症候群」と呼ばれる人を死に至らせる病とともに、新たなる敵が出現する。

 平和と引き換えに大事な仲間達を失い、心を閉ざしていたクラウドは、眼前に迫った避けようのない戦いを前に思い悩む。敵の目的は何なのか、なぜ人々が病に倒れるのか。人知を超えた戦いの先に待ち受けていた真実が明かされる。

※いずれの画像は、720pでキャプチャしたものです。実際の4K映像は、YouTubeを4K設定にして4K対応のディスプレイにてご覧ください。

(画像は『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE 4K HDR REMASTER』より)
(画像は『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE 4K HDR REMASTER』より)
(画像は『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE 4K HDR REMASTER』より)
(画像は『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE 4K HDR REMASTER』より)
(画像はFINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE 4K HDR REMASTER | SQUARE ENIXより)

 今回の『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE 4K HDR REMASTER BOX』は、2009年に発売したブルーレイをベースに、4K ULTRA HD Blu-rayとBlu-ray Discの2枚組に加え、上映会時に配布されたパンフレットを再編集した冊子を同梱。三方背には箔押しされたクラウディウルフがあしらわれた豪華仕様となっている。

 またその発売に先駆けて、Amazonプライムビデオで本作が独占配信される。プライム会員向けの無料配信ではないものの、4K版がBOX版のみのコレクターズ仕様の価格帯となっているため、今回のオンデマンドでの配信は朗報といえそうだ。

 今回の4K版は、最新の高画質化技術とDOLBY ATMOSを採用。映像とサウンドが高精細になり、その世界観をより深く体感できるようになった。ハイダイナミックレンジ(HDR)による高輝度、広色域で、より自然界に近い明るさと色表現を可能になっており、迫力のバトルシーンでは、そのスピード感に合わせて揺らめくエフェクトや激しい炎などが鮮烈になり、インパクトを増した映像に仕上がっている。

 4Kリマスター版『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート』のAmazonプライムでの配信は、9月1日から。また『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE 4K HDR REMASTER BOX』の発売日は9月15日だ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ