『忍者龍剣伝』でザコ敵を一切倒さない「平和主義者」RTAが披露される。ノックバックのショートカットや敵を倒さないことを逆手にとった技術でスピードクリア

 現在開催中のRTAイベント「Summer Games Done Quick 2021」にて『忍者龍剣伝』のRTAが披露された。カテゴリーは「平和主義者」(Pacifist)。倒さざるをえないボス以外の敵を一切殺さない印象的なRTAを、海外メディアKotakuが報じている。

 『忍者龍剣伝』は1988年にテクモ(現コーエーテクモゲームス)が発売した2Dアクションゲームだ。その後『NINJA GAIDEN』に続いていくシリーズの原点であり、ゲーム挑戦バラエティ番組「ゲームセンターCX」にて“有野課長”ことよゐこの有野晋哉氏が挑戦したことでも話題となった。

 主人公は忍者であるリュウ・ハヤブサ。無数の敵が襲い来るステージをかいくぐり、忍者刀や忍術で戦うゲームとなっている。敵の攻撃は激しく、道中の雑魚敵を倒さずクリアできるとはにわかには信じがたい。

 そんな「平和主義者」RTAは、道中の雑魚敵を一切倒さないというルール以外にも複数のルールが定められている。ひとつはパワーアップアイテム入手不可。くわえて回復も不可能、つまりボスは刀のみで倒すというかなり厳しいルールになっている。

 走者はこのカテゴリで世界記録を持つEdo_87氏。クリアタイムは14分29秒となっている。「Japanese Restream」による本家公認の日本語リストリームでは、甘泉uni氏解説を担当している。

 すべての敵をヒラリヒラリと回避できるほど生やさしい攻撃ではない。ダメージを受けながら先に進み、時にはコンティニューも駆使して最速クリアを目指す。

 攻撃はできないがノーダメージクリアではないので、時にはダメージを受けたノックバックを利用してのショートカットといった技術も登場する。また敵を倒さないことを利用し、画面上に敵弾をより多く表示させ、それ以上敵が現れないようにするテクニックなども披露された。

 なお、有野課長がピックアップしたことで知られる「お の れ 邪 鬼 王!」はRTAのためスキップされて見られなかった。

(画像はTwitch「忍者龍剣伝 | SGDQ2021」より)
(画像はTwitch「忍者龍剣伝 | SGDQ2021」より)
(画像はTwitch「忍者龍剣伝 | SGDQ2021」より)
(画像はTwitch「忍者龍剣伝 | SGDQ2021」より)

 Summer Games Done Quickは7月11日(日)まで開催予定。ほかにもスーパープレイがめじろ押しなので、ボランティアの有志による日本語解説がつくJapan Restreamにてイベントに参加してほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ