希代のかんちがい日本ゲーム『ファーストサムライ』のオリジナル版がSteamにてリリースへ。奇妙な世界を舞台にサムライが戦う2Dアクションゲーム

 Piko Interactiveは、日本でもコトブキシステム(ケムコ)から1993年にリリースされたかんちがい日本系アクションゲーム『ファーストサムライ』のオリジナル版をSteamにて販売する。発売日や価格は未発表だ。

(画像はSteam『First Samurai』より)

 『ファーストサムライ』は、かんちがい日本を前面におし出した2Dアクションゲームだ。主人公は若き侍。師匠と修行中の主人公の元へ魔王(日本版では魔狂神と訳されているらしい)がやってきて、主人公は魔王の力に屈してしまう。

 たったひとりで戦うことになった師匠は敗北の直前、魔法使い(日本版では妖術使い)を呼び出し、彼を恐れた魔王は未来へと逃亡する。若き侍は妖術使いの元で修行し、魔法の剣を手に師匠の敵を討つために未来の世界、そして未知なる世界へと旅立つ。操作は簡単、謎解き満載の全10ステージがプレイヤーを待ち受けている。

 Steamストアページのストーリー紹介を読む限り、妖術使いが戦えばいいのではないかという点以外は復讐譚として破綻していないように思う。スクリーンショットのライフバーが腕になっている点もツッコミどころか。

 日本版『ファーストサムライ』については同作wikipediaにてさまざまなツッコミどころが挙げられている。「サムライである主人公の師匠がどう見ても歌舞伎役者」「時空を越える移動手段が、列車とエレベーター」など、想像するだけでもかなりシュールだ。

 マイナーなゲームだと思うが、日本では「ゲームセンターCX」で有野課長ことよゐこの有野晋哉氏がプレイしたことが知名度向上に一役買った。

(画像はSteam『First Samurai』より)
(画像はSteam『First Samurai』より)
(画像はSteam『First Samurai』より)

 ゲームの説明に出ない部分でも、かなりへんてこな世界がプレイヤーに襲いかかるという。Steam版はケムコから発売された日本版とは異なる点もあるようなので、遊んでみようという方は、日本版との違いも楽しんでほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ