『暴れん坊天狗 & ZOMBIE NATION』がNintendo SwitchとSteamで10月28日発売決定。「天狗」と「生首」がアメリカを救うために死闘を繰り広げる奇ゲー横スクロールシューティング

 シティコネクションは、シューティングゲーム『暴れん坊天狗 & ZOMBIE NATION』を10月28日に発売すると発表した。プラットフォームはNintendo Switch、PC(Steam)。価格はダウンロード版が税込1200円。

 またNintendo Switch版のみ限定パッケージ「暴天狗箱:エキサイテングボックス」として発売され、サウンドトラックCD、設定資料集、アナザージャケットなどが付属する。価格は税込5980円。

 『暴れん坊天狗 & ZOMBIE NATION』は、1990年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された『暴れん坊天狗』と、その翌年にNES(Nintendo Entertainment System)用ソフトとして北米で発売された『ZOMBIE NATION』の横スクロールシューティング作品の2本がセットになった作品。

 『暴れん坊天狗』の舞台は、21世紀を目前にした199X年アメリカ。ここでは正体不明の凶星が接近していた。本土に近づくにつれて、それは邪悪な生命体へと姿を変え、合衆国の全てを覆い尽くそうとしていた。生命体は「ダークシード」の発する妖気により、人々は心を失っていた。

 自由を願う人々の祈りが、海を越えて、平和の守護神大和の国の「天狗」のもとにとどいた。己の霊力によって「大天狗の面」をつくり出し、それを自由と平和を奪回するため、アメリカ本土へ飛ばしたのであった。こうして天狗の面のもとに、コントロール不能となった軍隊、ダークシードのエネルギーによって異常発生したモンスターなどが、次々と襲いかかって来る。

 ゲームは滅亡に危機に瀕したアメリカ合衆国を背景に、天狗の面が人々を救うために活躍。ビル群を破壊しながら進み、ヘリコプターや戦車を撃墜、落下してくる人間を取得するとパワーアップし、連射機能などがアップする。

(画像はTwitterより)

 『ZOMBIE NATION』は、『暴れん坊天狗』をベースにした北米に発売された作品で、天狗の面の変わりに、浮遊するサムライヘッド「ナマクビ」を操作、目玉やゲロを連射して建造物や敵を破壊することができる。こちらは、ネバダ州の砂漠に墜落した邪悪なエイリアン「ダルクシード」が、アメリカ国民をゾンビに変えたところ、侍の大将で「ナマクビ」がアメリカを救うというもの。

 ゲームはタイトル画面から遊びたい作品を選択が可能。さらに「巻き戻し」「クイックセーブ」「クイックロード」などが可能になった「ぺ天狗モード/ゾンビモード」という新モードが追加されている。原作に準拠した遊び方ができる「エキサイティングモード/サムライモード」も搭載されている。

 さらにパッケージデザインやポスターを閲覧できる「エクストラ」や、「エキサイティングモード/サムライモード」でチャンンレジできる「実績」、さらに隠しコマンドで遊ぶことができた特別のモードも遊ぶことができる。

 「天狗の面」と「侍の生首」が浮遊してアメリカを救うという、まさに奇想天外なゲーム『暴れん坊天狗 & ZOMBIE NATION』は、Nintendo SwitchとPC(Steam)向けに10月28日予定だ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧