怪獣と巨大ヒーローが大暴れする対戦ゲーム『GIGABASH』が2022年春に発売決定。都市の破壊を尽くし最終形態に変身せよ。最大4人まで同時対戦が可能

 Passion Republic Gamesは、特撮対戦アクションゲーム『GIGABASH』を2022年春に発売すると発表した。あわせてストアページもオープンしている。プラットフォームはPC(SteamEpic Games Store)。また将来的にはPS4やその他のプラットフォームでの展開も検討している。

※今年6月のE3で公開されたゲームプレイ映像

 『GIGABASH』は、怪獣や巨大ヒーローを操り戦う対戦アクションゲーム。最大4人のプレイヤーの対戦に対応している。見下ろし視点で表現された世界中さまざまな都市・土地をテーマにしたステージで、キャラクターたちが大暴れする。

 何世紀もの間、地中深くに眠っていた「タイタン」と呼ばれる太古の獣がついに目を覚ました。今、世界を完全に我がものとするため人類、そして怪獣同士の闘いがはじまろうとしていた。

 プレイヤーは、大暴れする巨大怪獣タイタン、もしくはタイタンと駆逐するためのヒーローやメカとしてプレイしよう。天から稲妻を呼び寄せたり、電波塔を警棒として振り回したり、雪玉になって敵を巻き込みながらフィールドを大混乱に陥れることもできる。大地を揺るがすほどの都市の破壊を尽くすと、ギガエネルギーが増加していき最終形態である「Sクラス」に変身が可能だ。

 各ステージの建物は破壊が可能で、マグマが噴出など特殊なギミックも存在しており、相手の攻撃を見極めつつ、こういったステージの特性を利用するのが勝利の鍵となる。

 タイタンの起源に迫るシングルプレイヤーキャンペーンモードのほか、最大4人のプレイヤーで対戦できるデスマッチバトルや、ペアを組んで2対2での対戦モードを搭載。またデュエルモードでは、オンラインで1対1のバトルも可能だ。

 本作を開発したのは、マレーシアに拠点を置くPassion Republic Games。懐かしい怪獣映画や特撮ヒーローもの番組に加えて、『パワーストーン』『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ、PS2向けの3D格闘ゲーム『怪獣大激戦 War of the Monsters』といったハチャメチャに乱闘を繰り広げられる格闘ゲームから影響を受けて本作を開発している。

 公式サイトTwitterなどでは開発スタジオが自ら日本語で発信しており、その「特撮愛」の熱心さが伺える。

 怪獣作品に登場するきぐるみの質感を再現したグラフィックだけでなく、各ステージなどのギミックや設定なども魅力の本作。2022年春の発売に向けて、気になった人は今からウィッシュリストに登録してみてはいかがだろうか。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧