『スプリンターセル』や『ディヴィジョン』のキャラが登場するUbisoftの基本無料マルチプレイFPS『エックスディファイアント』発表。「トム・クランシー」ブランド初のヒーローシューター

 Ubisoftは、「スーパートム・クランシー大戦」ともいえそうな基本無料のマルチプレイ対戦FPS『Tom Clancy’s エックスディファイアント』(以下、エックスディファイアント)を発表した。対応プラットフォームはXbox One、Xbox Series X|S、PS4、PS5、PC、Google Stadia。正式サービス開始時期は不明だが、公式サイトでGoogle Stadiaを除くすべてのプラットフォーム向けにベータテスターを募集中だ。

 ベータテストは8月5日よりアメリカとカナダでPC向けにスタートし、その後はほかの地域やプラットフォームでもテストを開始する予定となっている。

 『エックスディファイアント』は6対6の対戦FPS。さまざまな武器、能力を持った「ディファイアント」と呼ばれる戦士をカスタマイズし、ハイテンションな戦いを楽しめる。「ドミネーション」や「エスコート」など、競争性の高いアリーナおよびリニア型ゲームモードが用意される。

 ディファイアントは「ウルブズ」、「アウトキャスト」、「クリーナーズ」、「エシュロン」の4つの勢力が発表された。すべてトム・クランシーブランドゲームの敵対勢力で、今後も新たな勢力が追加予定だ。

 見た目で元ネタがわかりやすいのは、三つ目の多目的ゴーグルをつけた「エシュロン」。彼らの名は『スプリンターセル』シリーズでおなじみの組織だ。

 ほかにも、火炎放射器を持った「クリーナーズ」は、そのまま『ディヴィジョン』の敵勢力のひとつ「クリーナーズ」がほぼそのまま再現されている。「アウトキャスト」は『ディヴィジョン 2』から、「ウルヴズ」は『ゴーストリコン ブレイクポイント』からの登場だ。

 ディファイアントはプレイスタイルに合わせてカスタマイズ可能。キャラクターの能力は、勢力、特質、アビリティ、ウルトラを変更できる。トム・クランシーシリーズらしく、登場する武器は現実的。メイン武器、サブ武器、アタッチメント、デバイスを設定し、自分だけのディファイアントで出撃しよう。

(画像はYouTube「『エックスディファイアント』アナウンストレーラー」より)
(画像はYouTube「『エックスディファイアント』アナウンストレーラー」より)
(画像はYouTube「『エックスディファイアント』アナウンストレーラー」より)
(画像はYouTube「『エックスディファイアント』アナウンストレーラー」より)

 『エックスディファイアント』は現在ベータテスターを募集中。一足先にゲームを体験して開発に協力したい方は、公式サイトからテスター登録をしてテスト開始日を待ってほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ