『ドキドキ文芸部プラス!』が発売からわずか2週間で販売本数「50万本」を突破。オリジナルのフリーゲームに長編サイドストーリーや新規CGを加えた製品版

 Serenity ForgeとTeam Salvato は、『ドキドキ文芸部プラス!』50万本を突破したことを発表した。海外では現地時間6月30日に発売されているが、今回の50万本は発売後わずか2週間での記録だという。IGNなど、海外メディア向けのプレスリリースで発表した。

 なお日本では『ドキドキ文芸部プラス!』は、PS4、PS5、Nintendo Switch向けに10月7日(木)にPLAYISMから発売予定だ。

 『ドキドキ文芸部プラス!』は、フリーゲーム『Doki Doki Literature Club!』に新要素を加えた作品。オリジナルは恋愛ビジュアルノベルながらプレイヤーに衝撃を与える展開、意表をつく演出の数々で話題となり、世界累計1000万ダウンロードを記録している。

 今回の『ドキドキ文芸部プラス!』は、すべてのアートワークをフルHD化されており、原作を忠実にアップデートされている。さらに友情と文芸を描いた全6話の新しい書き下ろし長編サイドストーリーを追加。

 また初公開となるコンセプトスケッチや新規CG、壁紙を含めた画像は100点以上を収録。アーティストにはNikki Kaelar氏をはじめとした13の新規楽曲や、ゲーム内で聴けるミュージックプレイヤー機能も用意されている。

(画像はドキドキ文芸部プラス! | Game(インディーゲーム) | PLAYISM(プレーイズム)公式サイトより)
(画像はドキドキ文芸部プラス! | Game(インディーゲーム) | PLAYISM(プレーイズム)公式サイトより)
(画像はドキドキ文芸部プラス! | Game(インディーゲーム) | PLAYISM(プレーイズム)公式サイトより)
(画像はドキドキ文芸部プラス! | Game(インディーゲーム) | PLAYISM(プレーイズム)公式サイトより)

 またあらたにいくつかの外国語に対応しており、オリジナルの『Doki Doki Literature Club!』の日本語版は有志翻訳という形だったが、『ドキドキ文芸部プラス!』では正式に日本語に対応する。

 今回の50万本突破は、あらためて本作が人気であることが裏付けられた形だろう。日本でもブームを巻き起こしたオリジナルだが、日本でも『ドキドキ文芸部プラス!』が発売されるとさらに販売本数を伸ばしそうだ。日本語版『ドキドキ文芸部プラス!』は、10月7日(木)に発売予定だ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter: @fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧