ローグライトアクション『HADES』がGDCアワードでゲーム・オブ・ザ・イヤー含む3つの賞に輝く。2020年最高のゲームともいわれる作品がGDCでも高評価

 ゲームデベロッパーズカンファレンス(GDC、ゲーム開発者会議)が毎年授与するゲーム賞、「ゲーム・デベロッパーズ・チョイス・アワード」(GDCアワード)の受賞作品が発表された

 2021年GDCアワードゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いたのはSupergiant Gamesのローグライトアクションゲーム『HADES』。ほかにも、「ベストオーディオ」と「ベストデザイン」を受賞している。

 『HADES』は2020年に発売されたローグライク要素を持つアクションゲーム。PCとNintendo Switchで日本語版が発売され、PS4、PS5、Xbox One、Xbox SeriesX|Sでも日本語版が今秋発売予定だ。

 プレイヤーは冥界の王ハデスの息子、ザグレウスとして父親の呪縛を脱し、冥界の外を目指す壮大な家出を描く。マップはランダム生成され、一度死ねばほぼすべてのアイテムを失ってハデスの館に戻される。いわゆる、ローグライトと呼ばれるジャンルに属している。

 Supergiant Gamesが得意とする斜め見下ろし型アクションの評価はもちろんのこと、父子の確執や神々の抱える悩みなどがユーモラスに語られるストーリーや、死ぬ度にストーリーが少しずつ進行するストーリー進行のデザインも高い評価を得た。

 国内外で高い評価を得た結果、無数のゲーム賞のゲーム・オブ・ザ・イヤーにノミネート。第17回英国アカデミー賞ゲーム部門や第24回DICEアワード、ネビュラ賞でゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

ローグライトアクション『HADES』がGDCアワードでゲーム・オブ・ザ・イヤー含む3つの賞に輝く。2020年最高のゲームともいわれる作品がGDCでも高評価_001
(画像はニンテンドーeショップ『HADES』より)
ローグライトアクション『HADES』がGDCアワードでゲーム・オブ・ザ・イヤー含む3つの賞に輝く。2020年最高のゲームともいわれる作品がGDCでも高評価_002
(画像はニンテンドーeショップ『HADES』より)
ローグライトアクション『HADES』がGDCアワードでゲーム・オブ・ザ・イヤー含む3つの賞に輝く。2020年最高のゲームともいわれる作品がGDCでも高評価_003
(画像はニンテンドーeショップ『HADES』より)
ローグライトアクション『HADES』がGDCアワードでゲーム・オブ・ザ・イヤー含む3つの賞に輝く。2020年最高のゲームともいわれる作品がGDCでも高評価_004
(画像はニンテンドーeショップ『HADES』より)
ライター
ローグライトアクション『HADES』がGDCアワードでゲーム・オブ・ザ・イヤー含む3つの賞に輝く。2020年最高のゲームともいわれる作品がGDCでも高評価_005
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ