『レッド・デッド・リデンプション2』が世界累計で3800万本以上を販売。さらに『グランド・セフト・オートV』は1億5000万本以上の大台に

 Take-Two Interactiveは、西部劇オープンワールド『レッド・デッド・リデンプション2』が、世界累計で3800万本以上を販売したことを投資家向けの情報で明らかにした。

 また『グランド・セフト・オートV』は、1億5000万本以上の販売になったという。

(画像はTake-Two Interactive投資家情報より)
(画像はTake-Two Interactive投資家情報より)

 『レッド・デッド・リデンプション2』は2018年に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。1899年のアメリカを舞台に、西部開拓時代が終わり文明の波が押しようとしているさなか、ダッチ・ギャングに所属するアーサー・モーガンを主人公にして、西部の挽歌が描かれる。

 本作は発売当時から大ヒットを記録したが、今回は世界累計では3800万本以上を販売を記録していたことが明らかに。さらにシリーズでは全世界で約6000万本以上を販売したとのこと。アメリカでドルベースで2番目に売れたタイトル、過去3年間では2番目に売れたタイトルだという。

(画像はSteam『Red Dead Redemption 2』より)
(画像はSteam『Red Dead Redemption 2』より)
(画像はSteam『グランド・セフト・オートV』より)
(画像はSteam『グランド・セフト・オートV』より)

 また2013年に発売した『グランド・セフト・オートV』は、世界累計の販売本数が1億5000万本以上、さらにシリーズ累計販売本数3億5000万本以上となっていることも明らかにしており、その人気が衰えないことが伺える。

 発売後から数年が経過しているのにも関わらず、着実に販売を伸ばしている『グランド・セフト・オートV』、『レッド・デッド・リデンプション2』ともあらためて怪物的な世界的人気タイトルであることを見せ付けた形だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ