名作クリッカーゲーム『クッキークリッカー』のリマスター版が発売へ。公開から8年の節目を経て豊富な新要素を追加、おばあちゃんのビジュアルもアップデート

 アメリカのパブリッシャーPlaysaurusは8月9日(月)、クリエイターのOrteil氏が開発する名作クリッカーゲーム『クッキークリッカー』のリマスター版を9月にリリースすると発表した。

 『クッキークリッカー』は、2013年に公開されたブラウザゲーム。クリックと時間経過を基本システムとし、インフレする数値が特徴のクリッカーゲームの先駆けとなった有名タイトルだ。

 「クッキーを焼く」というほのぼのとしたテーマはしだいに暴走し、工場、錬金術、反物質凝縮器とあらゆる手段で増産を目指すエクストリームな設定が話題を呼び、プレイ時間を費やした先に見える終末的世界観や秀逸なゲームシステムでも注目を集めた本作。後に多くのフォロワー作品を生み、まさに一時代を築いた作品といっても過言ではないだろう。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 公開からちょうど8周年の節目を迎えたタイミングで発表された今回のリマスター版。ストアページの記述によると新たなクッキーの種類をはじめ、600以上のアップグレードや500以上の実績、数種類のミニゲームといった要素を追加し、事故によるクッキーの消失を防ぐクラウドセーブ機能も実装されるとのこと。

 また、『マインクラフト』の音楽のほか、Netflixで配信されているトークショーシリーズ『ストレンジャー・シングス 大解剖』のテーマを作曲したC418氏がクールな書き下ろし楽曲を手がける。トレイラーに映る本作の代名詞「グランマ」のビジュアルの変化にも注目だ。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 本リマスター版のパブリッシングを担うPlaysaurusは、『クリッカーヒーローズ』を開発したゲームスタジオ。『クッキークリッカー』登場の1年後に発売したフォロワー作品が世界的なヒットを記録し同スタジオの成長を支えた経緯を踏まえると、この度の提携は興味深い展開に思える。

 『クッキークリッカー』リマスター版は、9月2日(木)にPC(Steam)での発売を予定。ストアページに価格の記載はないが、初回リリース版は4.99ドル(約550円)での販売になるとOrteil氏はTwitterで伝えている。氏は内容の詳細も近く発表すると話しているので、気になる方はウィッシュリストに登録して続報を待たれたい。

ライター/dashimaru

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ