『アイドルマスター シャイニーカラーズ』動画・配信のゲーム実況ポリシーが公開。内容を守ることで自由にファン活動を展開可能

 バンダイナムコエンターテインメントは8月17日(火)、PC/スマートフォンブラウザおよびiOSAndroid用アプリとして配信中の育成シミュレーションゲーム『アイドルマスター シャイニーカラーズ』について、本作を用いるゲーム実況動画・配信のポリシーを公開した。

 今後、プレイヤーは本ポリシーへ記載された内容を守ることで、対応する動画・配信プラットフォームでの自由なゲーム実況を展開できる。ただし、本ポリシーは個人事業主を含む個人を対象としており、法人は別途問い合わせが必要となる。

 バンダイナムコネクサスが開発するブラウザゲームプラットフォーム「enza(エンザ)」で配信中の『アイドルマスター シャイニーカラーズ』は、アイドル事務所「283プロ(つばさプロ)」のプロデューサーとなったプレイヤーが個性豊かな担当アイドルを育て、新人アイドルの祭典「W.I.N.G.」での優勝を目指す作品である。

 今回公開されたゲーム実況ポリシーのページによると、著作権管理団体と利用許諾契約を締結した動画・配信プラットフォーム以外での楽曲シーン利用不可や説明文へのポリシー順守表記、核心部分に関わるストーリー配信を実施する際のタイトルへの注意表記といった注意事項が記載されている。

(画像はゲーム実況ポリシー | アイドルマスター シャイニーカラーズ(シャニマス)より)

 また、本ポリシーの目的は「ファンコミュニティの発展に寄与する」ことであり、ファン活動としてのゲーム実況の規制を意図するものではないとしている。なお、ポリシー制定前に公開されている動画・配信については、可能であればポリシー順守の表記を説明文へ追記するよう求めているようだ。

 ゲーム実況ポリシーを正しく守ればゲーム実況によるファン活動を不安なく展開できるので、興味のある方は作品とあわせて楽しんでみてほしい。

(画像は【シャニマス】「ゲーム実況ポリシー」公開のお知らせ | NEWS | 【公式】アイドルマスター OFFICIAL WEB(アイマス)より)
ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ