『マツコの知らない世界』にて「ゲーム音楽」を特集。ゲーム音楽研究家の田中”hally”治久さんが出演。8月24日20時57分に放送開始

 TBSテレビは、バラエティ番組『マツコの知らない世界』にて、「ゲーム音楽」を特集すると発表した。放送日時は、8月24日(火)20時57分より、TBSにて放送する。

 それにあわせて、ゲーム音楽研究家の田中”hally”治久さんが番組に出演する。

 『マツコの知らない世界』は、タレントのマツコ・デラックスさんがあらゆるジャンルのゲストとトークを繰り広げるバラエティ番組。

 ゲスト自ら得意ジャンルや、現在ハマっているものを企画として持ち込み、マツコにプレゼンしていくというスタイルの番組となる。

 8月24日に放送される回では「ハイトーンボーカルの世界」、「ゲーム音楽の世界」のふたつを特集。「ハイトーンボーカルの世界」ではシンガーソングライター平原綾香さんが出演し、ハイトーンボーカルを独自の視点で徹底分析する。

『マツコの知らない世界』にて「ゲーム音楽」を特集。ゲーム音楽研究家の田中”hally”治久さんが出演。8月24日20時57分に放送開始_001
(画像は『マツコの知らない世界』公式サイトより)

 そしてもうひとつの「ゲーム音楽の世界」では、ゲーム音楽研究家の田中”hally”治久さんが登場。ピコピコ音が特徴の80年代のゲーム音楽など、その魅力を紹介していく。

 hallyさんは、著書に『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』、共著に『インディ・ゲーム名作選』、『ゲーム音楽ディスクガイド』など著書、多数。また作編曲家、ゲーム史研究家としても精力的に活躍中だ。

 番組では、ゲーム音楽が使われて話題となった「東京オリンピック」の開会式を枕に、ゲーム音楽の魅力を語っていくとのこと。マツコ・デラックスさんがゲーム音楽にどのような反応をするのか気になるところだ。

 「ゲーム音楽」を特集する『マツコの知らない世界』は8月24日(火)20時57分に放送開始だ。

コナミの音楽は教科書、GBAは再評価すべき…日本の「チップチューン」立役者が語る、音楽史に無視された“ピコピコ音”の電子音楽史【『チップチューンのすべて』hally氏】

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ