『Among Us』の二次創作格闘ゲームが配信開始。色とりどりのクルーが銃やナイフを手に激しい肉弾戦を展開、同じ地域間ではオンライン対戦も可能

 独立系開発者のStarcutterことResidentBeedrill氏は9月11日(土)、マルチプレイ人狼ゲーム『Among Us』をモチーフとした二次創作格闘ゲーム『Among Us Arena』の配信をitch.ioで開始した。

 『Among Us Arena』は、原作に登場する宇宙船のクルーたちが1対1のバトルを繰り広げる対戦型2Dアクションゲーム。プレイキャラクターは色の異なる16種類のクルーから選択が可能で、銃やナイフ、肉体を駆使した格闘戦が楽しめる。

 本作には「トレーニング」、「アーケード」、「マルチプレイヤー」の3つのモードが搭載されており、 バージョンと地域を同一にするという条件さえ満たせばオンラインでの対戦もできるとのことだ。

(画像はTwitterより)

 カジュアル格闘ゲームのファンを公言する作者のResidentBeedrill氏は、海外で根強い人気を持つ『Rivals of Aether』に自作のModを提供するなどの活動を経て、現在はオリジナルの新作格闘ゲームの開発に着手している。

 その傍らで制作された『Among Us Arena』は、モーションが全員共通であったりとやや作り込みに欠ける点は作者も認めるところ。一方プレイ自体は楽しまれているようで、TwitterやYouTube上では早速コンボやハメ技の動画が投稿されるなど盛り上がりを見せている。

(画像はTwitterより)
(画像はTwitterより)

 『Among Us Arena』は、PC向けにitch.ioを通じて無料配信中。対応言語は英語のみだが日本国内向けのオンライン対応版もリリースされているので、原作のファンや興味を持たれた方はダウンロードされたい。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ