日本一ソフトウェアの新作『屍喰らいの冒険メシ』が2022年1月27日に発売決定。落ちているものや魔物など「なんでも」食べて地上への生還を目指すシミュレーションRPG

 日本一ソフトウェアは、東京ゲームショウの情報番組「【セガ・アトラスTGS2021オンラン】SEGA ATLUS CHANNEL DAY-2」にて、サバイバルシミュレーションRPG『屍喰らいの冒険メシ』を発表した。発売日は2022年1月27日。

 対象プラットフォームはPS4、Nintendo Switch。価格はPS4、Nintendo Switch版とも7678円。

(画像はYouTube「SEGA ATLUS CHANNEL DAY-2」より)

 本作の舞台は邪悪な神が封印されている迷宮。そこで新米冒険者たちが魔物を倒しながら食糧・素材を集め、料理を作り、地上への生還を目指すシミュレーションRPGだ。

 従来のシミュレーションRPGと同じく、マップはマス目状になっており、4体のキャラクターを操作して効率よく敵を倒していく。だが、攻撃や移動をするとカロリーや水分を消費するため。、持っている食糧の使いどころが攻略の鍵となる。そのため生き残るために「落ちているもの」や「魔物」など、なんでも食べる必要がある。

 たとえば魔物をその場で倒して食べるのか、その素材をもとに料理をして食べることでキャラクターを成長させるのか。あるいは毒物ならば魔物に食べさせるのか、こういったプレイヤーは選択を通してサバイバルをしていく。

(画像はYouTube「SEGA ATLUS CHANNEL DAY-2」より)
(画像はYouTube「SEGA ATLUS CHANNEL DAY-2」より)

 またャラクターメイキングも実装されており、容姿、職業、ボイスなどの組み合わせが自由に可能だ。さらに身長までも変えられるという。日本一ソフトウェアで、ここまで自由度が高いキャラクターメイキングは初めてとのこと。こうしたキャラクターを4人作成して、プレイヤーは冒険に挑むことになる。

 こうしたキャラクターデザインは『ディスガイア』シリーズの原田たけひと先生が担当している。原田先生による描きおろしイラストが付属する店舗特典なども発表されているので、詳しくは公式サイトを確認してみてほしい。

 サバイバルシミュレーションRPG『屍喰らいの冒険メシ』は、PS4、Nintendo Switch版で2022年1月27日に発売予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ