絵文字をコラージュして制作されたポケモンアートのTikTok動画が海外で話題に。無数の絵文字が描き出す驚愕のクオリティに注目

 絵文字をコラージュして『ポケットモンスター』(以下、ポケモン)のキャラクターを制作するTikTok動画が海外で話題となっている。見慣れた絵文字の数々を使って高いクオリティでポケモンアートを描き出す巧みな発想、若干のグロテスクさを帯びた独特なビジュアルが注目を集めている形だ。

@pokemojis

#pokemon #whosthatpokemon #collage #emojicollage #pokemoji #emoji #bulbasaur #art #fyp #foryou #foryoupage #fypシ

♬ original sound – Pokemojis

 話題の発端は、10月頭に突如TikTok上に出現したアカウント「pokemojis」の一連の投稿によるもの。かつての海外アニメ版『ポケモン』で使用されたアイキャッチ「Who is That Pokemon?」(日本版では「だーれだ?」)のかけ声に乗せて展開されるショートムービーは、記事執筆時点で14本が公開されている

 もっとも大きな反響を呼んでいるのは、「フシギダネ」を描いたデビュー作の動画だ。背中のつぼみは洋梨の絵文字を重ねて表現し、カエルをモチーフとした体部分は泡立つ薄い緑色のスポンジを中心に構成。両目にはランドセルを置いて彩りに赤を添えているほか、深緑色のパンツを適所にあしらい、まだら状の柄のディテールまでもが的確に再現されている

(画像は「pokemojis」のInstagramより)

 同動画には13万件以上もの「いいね」が寄せられ、アカウントのフォロワー数は間もなく2万人を超える勢いを見せている。これ以外にもピカチュウやプリンをはじめ、おなじみのポケモンたちが続々と登場しているので、気になる方は覗いてみるとよいだろう。

(画像は「pokemojis」のInstagramより)

 また、完成したポケモンアートの画像は同作者のInstagramでも公開されているので、動画の鑑賞とあわせてご覧いただけると幸いだ。約1日ごとのハイペースで新作が発表される「pokemojis」の今後の投稿にも期待していきたい。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ