『FFXIV』が三越伊勢丹とコラボ、ファッションやスイーツ関連の特別商品が展開へ。住所を知らないゲーム内フレンドにギフトとして送るサービスも対応予定

 スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジーXIV』(以下、FFXIV)と三越伊勢丹のコラボレーション企画として「ファイナルファンタジーXIV×伊勢丹 スペシャルコレクション」を12月1日より開催すると発表した。

 こちらの企画では、ファッション、アクセサリー、スイーツなど、さまざまなジャンルのブランドから『FFXIV』の世界を表現した商品が提供される。展開予定のアイテムは以下の通り。

■コラボレーションブランド一覧

ハラペコラボ/こうぶつヲカシ(和菓子)
BABBI(洋菓子)
Biju mam(ペンダント)
CHAN LUU(ブレスレット)
Kiwanda(レッグウェア)
TANGTANG(T シャツ)
紅茶専門店 TEAPOND(紅茶)
9.kyuu(石鹸)

 12月1日より、三越伊勢丹オンラインストアおよび、三越伊勢丹が運営するオンラインギフトサイト「MOO:D MARK by ISETAN」にて予約、販売が行われる。

 また、12月8日から12月14日まで伊勢丹新宿店ではポップアップショップも展開。各日の10時から20時にかけて営業を行う見通しとなっている。

 さらに今回のコラボは、住所を知らない相手にも手軽にギフトを送れる「ソーシャルギフトサービス」にも対応。お互いのプライバシーを気にすることなく、ゲーム内でのフレンドに贈り物をすることが可能だ。ソーシャルギフトとあわせて送れるデジタルメッセージカードも『FFXIV』オリジナルのデザインが用意される。

『FFXIV』が三越伊勢丹とコラボ、ファッションやスイーツ関連の特別商品が展開へ。住所を知らないゲーム内フレンドにギフトとして送るサービスも対応予定_001

 商品の情報やイベントの全貌に関しては、後日発表予定とのこと。イベントの特設サイトや『FFXIV』公式Twitterアカウントなどからの続報を待ちたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ