アニメ『ルパン三世 PART6』で押井守氏が脚本を手がけた第4話の放送迫る。寂れたダイナーに殺し屋が集まる“押井ルパン”を見逃すな

 放送中のテレビアニメ『ルパン三世 PART6』にて11月7日(日)、押井守氏が脚本を手がけた第4話「ダイナーの殺し屋たち」がオンエアされる。アニメ―ションからゲーム、実写映画まで幅広いジャンルの作品を多数手がけ、日本の映像業界を牽引してきた押井氏の参加回とあり、ファンの間では期待が高まっているようだ。

 公開されているあらすじによれば、第4話は殺し屋が集まる寂れたダイナーが物語の舞台となる模様。場面カットからは物々しい雰囲気が漂う様子が伺える。

 押井氏は放送に際し、「まさか、またルパンに関わるとは夢にも思っていませんでした。 シリーズ構成の大倉さんが、『好きに書いてください』と言ってくれたので好きに書かせて貰いました」とコメント。同氏は今シリーズの構成を務める大倉崇裕氏と同じ空手道場に通う兄弟関係にあり、そのような縁から今回の参加に至ったという。

アニメ『ルパン三世 PART6』で押井守氏が脚本を手がけた第4話の放送迫る。寂れたダイナーに殺し屋が集まる“押井ルパン”を見逃すな_001
(第4話の脚本を担当した押井氏。画像はTwitter「押井守 公式アカウント」より)

 上記の背景は弊誌が大倉氏に行ったインタビューで詳しく語られているので、気になる方はご一読いただけると幸いだ。また、今シリーズでは他にも湊かなえ氏や辻真先氏、芦辺拓氏に樋口明雄氏といった豪華作家陣がゲストとして脚本を提供している。

 待望の“押井ルパン”が実現する『ルパン三世 PART6』第4話は、11月7日の午前1時より日本テレビで放送。各系列局での放送予定は同作の公式サイトから確認できる。

 本記事に関するプレスリリース全文は以下のとおり。

アニメ『ルパン三世 PART6』で押井守氏が脚本を手がけた第4話の放送迫る。寂れたダイナーに殺し屋が集まる“押井ルパン”を見逃すな_002

『ルパン三世 PART6』第4話
“押井ルパン”ついに実現! 場面カット&あらすじ解禁!!

モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』は、世界的大泥棒アルセーヌ・ルパンの孫であるルパン三世と、次元大介、石川五ェ門、峰不二子ら仲間と、宿敵・銭形警部ら個性的なキャラクターが織りなすアクションアニメ。

そして現在、アニメ化50周年記念のテレビアニメ新シリーズ『ルパン三世 PART6』が、日本テレビ系にて全国放映中!シリーズ構成の大倉崇裕を始め、辻真先、芦辺拓、樋口明雄、湊かなえ、押井守など小説界・アニメ界を賑わす豪華な顔ぶれが名を連ねた脚本家陣の集結にも、放映前から注目が集まっていた本シリーズ。

前回(10/30放映)、推理作家・辻真先によるオムニバスエピソードに続き、今週11/6(土)放映の回はついに、押井守(映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『イノセンス』など)による、“押井ルパン”が放送!

「まさか、またルパンに関わるとは夢にも思っていませんでした。 シリーズ構成の大倉さんが、「好きに書いてください」と言ってくれたので好きに書かせて貰いました。」と、今回の参加について語った押井氏。「ルパン三世」アニメ化50周年のアニバーサリーイヤーについに実現した“押井ルパン”。是非お見逃しなく!

『ルパン三世 PART6』第4話 場面カット&あらすじ

【第4話 「ダイナーの殺し屋たち」】
ある日の夕方。寂れたダイナーのドアを開けて、二人の男が入ってきた。カウンターに座る彼らに、「何にします?」と問うウェイトレス。二人の男はメニューを眺め、しけた料理を注文する。――ダイナーには、先客が六人。全員男で、皆、殺し屋。ウェイトレスに絡みながら料理をむさぼる二人の男に、ただならぬ視線を向けていた……。

【キャスト】栗田貫一、大塚明夫、沢城みゆき、桐本拓哉、⽇笠陽⼦ほか
【スタッフ】脚本:押井 守/絵コンテ:長沼範裕/演出:そえたかずひろ/作画監督:敷島博英

【第4話 場面カット】

【 INTRODUCTION 】 
その男の名はルパン三世。怪盗アルセーヌ・ルパンを祖父に持つ大泥棒。
宝石、美術品、隠された財宝、不老不死の秘密、はては可憐な少女の心まで、彼に盗めぬものは何ひとつない。
相棒は凄腕ガンマンの次元大介。そして、居合抜きの達人・石川五ェ門。類まれな美貌と頭脳を持つ魔性の女・峰不二子。執念で地の果てまでルパンを追い続ける銭形警部。
そんな個性豊かな面々とルパンが繰り広げる、ハードボイルドで、スリリングで、コミカルで、エキセントリックな物語――。
モンキー・パンチが生み出したコミック『ルパン三世』は、それぞれの時代の空気を取り込みながらアニメーションで展開され、世界中のファンを虜にしてきた。
そして2021年。アニメ化50周年を迎える今、ルパンがまた、動き出す!
新作アニメーション『ルパン三世 PART6』は、ルパンを紐解く2つのキーワードでストーリーを展開。
1クール目は、〈ミステリー〉!王道かつ斬新な、謎多き物語が幕を開ける。
そのシリーズ構成を務めるのは、映像化作品多数の推理小説家でありアニメ・特撮の脚本も手がける、大倉崇裕。そして各話脚本にはゲストとして、辻真先、芦辺拓、樋口明雄、湊かなえ、押井守が参加。
小説界・アニメ界を賑わす、豪華な顔ぶれが名を連ねる。
エメラルドグリーンの背広に身を包んだルパンが繰り広げる、
新世界のための〈原点回帰〉ーークール&ミステリアスな冒険を見逃すな!!

【 STORY 】
舞台はロンドン。
ルパンのターゲットは、英国政府を陰で操る謎の組織・レイブンが隠したお宝――
その手掛かりとなる一枚の絵。
立ちはだかるスコットランド・ヤードやMI6。ルパンの動きを察知して現れた銭形警部。そして、ルパンの前に現れた探偵――
その名はシャーロック・ホームズ!シリーズ構成・大倉崇裕のメインストーリーと、豪華脚本陣のオムニバスエピソードが絡み合う、謎多き〈ミステリ・ルパン〉が今、幕を開ける!

アニメ『ルパン三世 PART6』で押井守氏が脚本を手がけた第4話の放送迫る。寂れたダイナーに殺し屋が集まる“押井ルパン”を見逃すな_014

【 CAST 】
ルパン三世:栗田貫一
次元大介:大塚明夫
石川五ェ門:浪川大輔
峰 不二子:沢城みゆき
銭形警部:山寺宏一
八咫烏五郎:島﨑信長
アルベール・ダンドレジー:津田健次郎
ホームズ:小原雅人
リリー:諸星すみれ

【 STAFF 】
原作:モンキー・パンチ
監督:菅沼栄治 
シリーズ構成:大倉崇裕  
キャラクターデザイン:丸藤広貴 
美術監督:松宮由美、備前光一郎、小倉宏昌、西澤 航、李 凡善、竹田悠介
色彩設計:宮脇裕美
撮影監督:佐々木明美
編集:吉武将人
音響監督:清水洋史
音響効果:倉橋裕宗
音楽:大野雄二
メインテーマ:「THEME FROM LUPIN III 2021」
作曲:大野雄二編曲:大野雄二演奏:Yuji Ohno & Lupintic Six with Friends
エンディングテーマ:「MILK TEA」
作詞:BOUNCEBACK作曲:大野雄二
編曲:大野雄二演奏:Yuji Ohno & Lupintic Six with Friends歌・Akari Dritschler
制作:トムス・エンタテインメント
製作:ルパン三世PART6製作委員会

『ルパン三世 PART6』 2021年10月より日本テレビ系全国放送中!!
配信:Hulu他配信サイトで配信中!
※各局の放送日時、配信サービスは公式HP https://lupin-pt6.com/on-air/ でご確認ください
コピーライト→ 原作:モンキー・パンチ ©TMS・NTV 
【公式サイト】lupin-pt6.com 【公式Twitter】@lupin_anime ハッシュタグ:#ルパン6

【あわせて読みたい】

新作『ルパン三世』はシャーロック・ホームズが登場するミステリーものに!小説家・大倉崇裕が『名探偵コナン から紅の恋歌』『紺青の拳』を経てPART6のシリーズ構成に抜擢されるまで【インタビュー】

大倉氏がシリーズ構成という役割を通して『ルパン三世 PART6』で描こうとしていることは何なのか? 氏の「アニメ脚本家」としての来歴や、押井守氏や湊かなえ氏といったゲスト脚本家たちとの意外な間柄についてなど、興味深い話題とあわせて伺った。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ