今年最も優れたインディーゲームを選ぶ 「INDIE Live Expo Awards」大賞は『Road 96』に。名もなき若者たちが自由を欲して国外脱出を目指すロードトリップゲーム

 11月6日に放映された「INDIE Live Expo Winter 2021」にて、今年最も優れたインディーゲームを選ぶゲームアワード「INDIE Live Expo Awards」の結果が発表。大賞に輝いたゲームは『Road 96』となった。

(画像はSteam:Road 96 🛣️より)

 『Road 96』は、独裁主義国家に住む名もなき若者たちが自由を欲して国外脱出を目指すロードトリップ・アドベンチャーゲーム。同作は時代のテーマに合致した、「これこそいまの時代のゲームだよ!」というゲームに贈られる賞である「テーマ・オブ・ザ・イヤー賞」も受賞している。

 「INDIE Live Expo Awards」受賞タイトルの一覧は以下の通り。


●インターネットを通じたゲーム体験賞:ネット越しに対戦・協力したり、大人数でわいわいとプレイするゲームに加えて、「ゲーム実況」を通じて人々を楽しませてくれるゲームに贈られる賞

『Among Us』

(画像はSteam:Among Usより)

●キャラクター賞:最高に魅力的なキャラクターを生み出したゲームに贈られる賞

『Chicory: A Colorful Tale』

(画像はSteam:Chicory: A Colorful Taleより)

●さわりごこち賞:職人的こだわりによって作られた、素敵なさわりごこちのゲームに贈られる賞

『Death’s Door』

(画像はSteam:Death’s Doorより)

●テーマ・オブ・ザ・イヤー賞:時代のテーマに合致した、「これこそいまの時代のゲームだよ!」というゲームに贈られる賞

『Road 96』

(画像はSteam:Road 96 🛣️より)

●ルールズ・オブ・プレイ賞:今までにない画期的なルールや、つい夢中になってしまう魔法のようなルールをもつゲームに贈られる賞

『Before Your Eyes』

(画像はSteam:Before Your Eyesより)

●ローカル文化賞:製作者の出自が反映され、その地域の魅力・歴史が表現されたゲームに贈られる賞

『文字遊戯』

(画像はSteam:文字遊戯:第零章より)
編集
ローグライクやシミュレーションなど中毒性のあるゲーム、世界観の濃いゲームが好き。特に『風来のシレン2』と『Civlization IV』には1000時間超を費やしました。最も影響を受けたゲームは『夜明けの口笛吹き』。
Twitter:@ex1stent1a
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ