惨劇のタイムループから抜け出すために奔走するゲーム『Twelve Minutes』海外向けにNintendo Switch、PS4、PS5版が12月7日リリース

 パブリッシャーのAnnapurna Interactiveは11月24日(水)、アドベンチャーゲーム『Twelve Minutes』を、Nintendo Switch、PS4、PS5向けに発売すると発表した。
 こちらの発表は海外に向けたもので、発売日は12月7日(火)とされている。記事執筆時点では、国内での販売や日本語対応の有無は明らかにされていない。

 本作はリアルタイムで進行していく、ポイント&クリック型のアドベンチャーゲーム。主人公となる男は妻とふたりで幸せな家庭を築いていたが、唐突に押しかけてきた黒服の刑事によってその平穏は粉砕され、男は殴り殺されてしまう

 死んだはずの男は目を覚ますと、自分が玄関を開けて帰ってきた時間にタイムループしていることに気づく。プレイヤーはこの12分間のタイムループを抜け出すため、ループで積み重ねた経験を活用して結末を塗りかえていく
 Steamストアページの紹介文によれば、映画『シャイニング』『裏窓』『メメント』といった作品たちの要素を紡ぎあわせたような作品となっているとのことだ。

 また、声優として『X-MEN』ジェームズ・マカヴォイさん、『スター・ウォーズ』デイジー・リドリーさん、『スパイダーマン』ウィレム・デフォーさんという、話題作で主演を務める豪華キャストを登用していることも話題となった。
 開発者のルイス・アントニオ氏や、声優陣からのコメントもうかがえるメイキング映像がYouTubeにて公開されている。

 『Twelve Minutes』は2021年の8月よりXbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam)にて配信中、日本語字幕にも対応している。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ