今年の「ネット流行語100」を『ウマ娘』が席巻。約20語もの最多ノミネートを果たし、「うまぴょい伝説」や迷セリフ「あげません!」までもが候補に

 ドワンゴとピクシブは11月25日(木)、各社が運営するオンライン辞書サービス「ニコニコ大百科」「ピクシブ百科事典」における、その年にもっとも流行した単語を表彰するアワード「ネット流行語100」2021年版の候補100語を発表した。

 2018年より開始された同企画では、両サービスのアクセス数にもとづき候補を選定。2021年1月1日から11月24日にかけ、合算値が昨年より特に多かった100語がノミネートされ、一番差分が大きかったワードを「年間大賞」として表彰する。

 今回は空前のヒットを生んだスマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』関連のワードが約20語もの最多ノミネートを果たした。登場キャラクターの名前のみならず、イメージソング「うまぴょい伝説」「あげません!」といった作中のセリフまでもが抜擢されている。

(画像は「ニコニコ大百科」公式Twitterより)
(画像は『ウマ娘 プリティーダービー』公式サイトより)

 他の候補ではマンガだけでなくアニメも人気の『呪術廻戦』が次点に迫り、多くのキャラ名が名前を連ねている。実写映画化もされた『東京卍リベンジャーズ』や幅広い層の支持を獲得した『PUI PUI モルカー』も今年を象徴するラインナップと言えるだろう。

 ゲーム関連では24日に海外の「Golden Joystick Awards」究極のゲームオブザイヤーに輝いた『バイオハザード ヴィレッジ』をはじめ『モンスターハンターライズ』などの大型タイトルのほか、弊誌でも大きな反響を呼んだサイコロゲーム『NKO DICE』や恋のライバルを葬る恋愛ゲーム『Yandere Simulator』といったインディー作品もノミネート入りを見せた。

(画像はYouTube「How To Get Away With Murder In Yandere Simulator」より)

 アワードの発表は12月25日(水)19時より、「ニコニコ生放送」の配信を通じて実施。年間大賞以外にも「ニコニコ賞」「pixiv賞」が用意されており、前者については特設ページ上でユーザー投票や予想キャンペーンが展開されている。どの語が各賞に選ばれるか、発表を楽しみに待ちたいところだ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ