疲れ気味の会社員がソロキャンプしながらコーヒーの木を育成する『ふしぎの森でコーヒーを』が配信開始。焚き火コーヒーを飲みながらキャンプ地を充実させていく

 個人ゲーム開発者のふじたかし氏は、スマートフォン向けゲーム『ふしぎの森でコーヒーを』を配信開始したと発表した。

 対象プラットフォームはAndroid、iOS。価格は無料(アプリ内広告あり)。

 『ふしぎの森でコーヒーを』は、物語を読みながらコーヒーの木がすくすく育つふしぎの森で、癒しのソロキャンプをする放置ゲーム要素があるアドベンチャーゲーム。

 主人公は、地方都市に住む疲れ気味の会社員「サチ」。ある日、駐車場で霧が発生し気づけば深い森に迷い込んでいた。そこで出会った「魔女」によると、大量の「コーヒーの実」がたくさんあれば、ここから帰ることができるという。

 サチは魔女に言われたとおり、コーヒーの豆を埋めるとそれはすくすくと育ちはじめ、焚き火コーヒーを飲めたりと思いがけず充実の時間を過ごすことになる。

疲れ気味の会社員がソロキャンプしながらコーヒーの木を育成する『ふしぎの森でコーヒーを』が配信開始。焚き火コーヒーを飲みながらキャンプ地を充実させていく_001
(画像はYouTube「『ふしぎの森でコーヒーを』ゲームプレイ」より)
疲れ気味の会社員がソロキャンプしながらコーヒーの木を育成する『ふしぎの森でコーヒーを』が配信開始。焚き火コーヒーを飲みながらキャンプ地を充実させていく_002
(画像はYouTube「『ふしぎの森でコーヒーを』ゲームプレイ」より)
疲れ気味の会社員がソロキャンプしながらコーヒーの木を育成する『ふしぎの森でコーヒーを』が配信開始。焚き火コーヒーを飲みながらキャンプ地を充実させていく_003
(画像はYouTube「『ふしぎの森でコーヒーを』ゲームプレイ」より)

 本作は物語を読みながら、木材やコーヒーの豆や実などを入手していく放置要素やクラフト要素のあるアドベンチャーゲームとなっている。木材は素材として使えるので、ランタンやテーブルなどキャンプ用品などの身の回りのものを充実させることができる。コーヒーの実を収穫するとサチの体力が減るので時間を置いたり、コーヒーを飲んで回復させよう。

 焚火の薪がパチパチと音を立てていたり、虫が鳴っていたりと背景で流れる環境音も魅力の本作。まるでキャンプをしているような落ち着いた雰囲気が楽しめる作品となっている。

 『ふしぎの森でコーヒーを』は価格が無料なので、が気になった人はダウンロードしてみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ