稲葉敦志氏が「プラチナゲームズ」の代表取締役社長に就任。スタジオヘッドとして今後もすべてのゲームタイトルの開発を統括

 プラチナゲームズは、2021年12月末日をもって佐藤賢一氏が同社の代表取締役社長の座を退任し、後任に稲葉敦志氏代表取締役社長に就任したことを発表した。

稲葉敦志氏が「プラチナゲームズ」の代表取締役社長に就任。スタジオヘッドとして今後もすべてのゲームタイトルの開発を統括_001
(画像は皆さまへのお知らせ | プラチナゲームズ公式ブログより)

 稲葉敦志氏は、1971年石川県生まれ。数社のゲーム会社を経て1998年にカプコンに入社。『逆転裁判』、『鉄騎』、『ビューティフルジョー』などのタイトルをプロデュースした。

 2004年にカプコンの開発子会社であるクローバースタジオ株式会社の代表取締役に就任し、プロデューサーとして『大神』の制作に携わる。2006年にカプコングループから独立し、株式会社SEEDSを設立。2007年にSEEDSは株式会社ODDと合併し、プラチナゲームズ株式会社となる。

稲葉敦志氏が「プラチナゲームズ」の代表取締役社長に就任。スタジオヘッドとして今後もすべてのゲームタイトルの開発を統括_002
(画像は社長メッセージ | PlatinumGames Inc. Official WebSiteより)

 稲葉氏はプラチナゲームズでは取締役と開発責任者を長年務めており、近年は副社長を兼任していた。今回、新たに代表取締役社長に就任した形だ。なお今後もスタジオヘッドとして、プラチナゲームズのすべてのゲームタイトルの開発を統括をするとのこと。

 また前代表の佐藤賢一氏は顧問として就任している。

 佐藤賢一氏と稲葉敦志氏のコメント、さらに稲葉敦志氏から「社長メッセージ」も発表されているので、詳しくはプラチナゲームズの公式サイトを確認して欲しい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月29日07時~2023年1月29日08時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ