『エーペックスレジェンズ』2月9日から配信される新シーズンでは「マッドマギー」が参戦。かつてゲームをジャックし、キングスキャニオンを破壊した彼女がプレイアブルに

 開発元のRespawn Entertainmentは1月25日(火)、『エーペックスレジェンズ』の新シーズン「デファイアンス」に関する情報を発表した。

 「デファイアンス」では、新たなプレイアブルキャラクターとして「マッドマギー」が登場する。彼女はこれまでの本作の物語中にもその姿を現しており、シーズン8では期間限定モードである「リングフューリー」「ウォーゲーム」を仕切る存在として登場した。レジェンドのひとり「ヒューズ」とは深い因縁を持つ。

『エーペックスレジェンズ』2月9日から配信される新シーズンでは「マッドマギー」が参戦。かつてゲームをジャックし、キングスキャニオンを破壊した彼女がプレイアブルに_001
(画像はYouTube「エーペックスレジェンズ | アウトランズ・ストーリーズ – 『ジャッジメント』」より)

 「Apexゲーム」とその背後にある巨大組織「シンジケート」に強い反感をもつキャラクターであり、これまでにはゲームをジャックしたり、マップのひとつである「キングスキャニオン」を破壊したりといった妨害活動を行ってきた。

 シーズン8のコミックではレジェンドたちと対立したのち、ヒューズの差し伸べる手を拒んで身を投げた。どうやらその後はシンジケートに捕まっていたらしく、今回公開された映像では「お前を処刑するのはお前の旧友だ」と、Apexゲームへの参加を言い渡される。ここでの「旧友」とは、おそらくヒューズのことだろう。

 また、新シーズンでは新たに期間限定モードとして「コントロール」が実装。こちらは9対9のチーム戦となり、無限にリスポーンできる条件下でコントロールポイントを奪いあう形となるようだ。くわえて、マップのひとつ「オリンパス」に何かしらの変化がもたらされることが示唆されている。

 『エーペックスレジェンズ』の新シーズン「デファイアンス」は日本時間の2月9日(水)に配信予定、1月27日(木)にはローンチ映像も公開される予定だ。新レジェンド「マッドマギー」の詳しい性能や新シーズンの情報については、配信に向けて随時発表されていくとのことなので、公式サイト公式Twitterアカウントをチェックしておこう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ