クトゥルフ釣りホラー『Lake Facade: Director’s Cut』開発中。静かな湖の忌まわしき歴史を針にかける初代PS風探索ゲーム

 ニュージーランドのゲームスタジオRexoto Gamesは1月30日(日)、開発中のクトゥルフ釣りホラーゲーム『Lake Facade: Director’s Cut』について、Steamのストアページを公開した

 『Lake Facade: Director’s Cut』は、初代PS風のレトロなグラフィックで描かれた一人称視点のホラーゲーム。とある静かな湖畔を訪れたプレイヤーが、釣りをきっかけに土地に隠された怪しげな真実へと対峙していく。

 きれいな青空とのどかな緑に囲まれるなか、マスなどの魚を捕って楽しんでいたところ、水底から釣り上げたのは古びたカギ。釣具屋を営む主人の話によれば、それは失われて久しい墓地の門を開くカギだという。

クトゥルフ釣りホラー『Lake Facade: Director’s Cut』開発中。静かな湖の忌まわしき歴史を針にかける初代PS風探索ゲーム_001
(画像はSteam『Lake Facade: Director’s Cut』より)
クトゥルフ釣りホラー『Lake Facade: Director’s Cut』開発中。静かな湖の忌まわしき歴史を針にかける初代PS風探索ゲーム_002
(画像はSteam『Lake Facade: Director’s Cut』より)
クトゥルフ釣りホラー『Lake Facade: Director’s Cut』開発中。静かな湖の忌まわしき歴史を針にかける初代PS風探索ゲーム_003
(画像はSteam『Lake Facade: Director’s Cut』より)

 エサの虫を集めるため渡されたシャベルで墓地を掘り返すと、姿を現したのは長いあいだ眠っていた忌むべき湖の歴史。異形の存在に誘われるまま、主人公は辺りを探索することに。

 本作はH.P.ラヴクラフトによる『クトゥルフ神話』の物語を背景としており、原作へ登場する海中の眷属たちがストーリーとゲームデザインに大きな影響を与えているようだ。プレイヤーの取った行動は世界に決定的な変化をもたらし、その先にはさまざまなマルチエンディングが用意されている。

クトゥルフ釣りホラー『Lake Facade: Director’s Cut』開発中。静かな湖の忌まわしき歴史を針にかける初代PS風探索ゲーム_004
(画像はSteam『Lake Facade: Director’s Cut』より)
クトゥルフ釣りホラー『Lake Facade: Director’s Cut』開発中。静かな湖の忌まわしき歴史を針にかける初代PS風探索ゲーム_005
(画像はSteam『Lake Facade: Director’s Cut』より)

 2021年12月に開催された短期間でゲームを制作するイベント「DreadXP Dredge the Depths Jam」の出品タイトルとして開発された同作。Steamでの販売時期や価格、日本語の対応予定は明らかになっていないが、itch.ioではイベントに向け作られたデモ版をダウンロード可能だ

 また「DreadXP Dredge the Depths Jam」のイベントページでは、釣りとホラーをテーマにした数々の意欲作に触れることもできる。本作に興味を持たれた方はあわせてご覧いただくとよいだろう。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ